「背中ニキビ」ができてしまう本当の理由とその効果的な対処法とは?

夏が近づくにつれて薄着になり、腕、デコルテ、背中などを見せる機会が増えていくこれからのシーズン。開放的な気分で夏のファッションを思いっきり楽しみたい時期なのに、ある悩みのせいで「肌を露出できない」「水着が着れない」という人も・・・その悩みとは、「ニキビ」。ニキビの中でも特に「背中ニキビ」に悩んでいる人が多いんです。

そもそも、なんで
「背中」にニキビができるの?

背中ニキビができてしまう理由は、いくつか考えられます。背中をゴシゴシ洗いすぎていたり、シャンプーやコンディショナーの流し残りがあったり…。毎日のデスクワークで血行不良になっている可能性もあるかも。

また、ニキビは「オイリーなほうが出来やすい」と思うかもしれませんが、じつは乾燥も大敵。肌のバリア機能が低下してしまうことが原因なんです。
btn_rufina_160415_04

背中をキレイにするために
「今すぐ」できることは?

食生活を見直したり、適度なエクササイズを取り入れたりと、やるべきことがあるのは分かっていても、毎日続けたりしっかり継続していくのはなかなか難しいですよね。でも、朝晩2回塗るだけで背中の「美容と保湿」を体感できる背中ニキビ専用のクリームがあるんです。
btn_rufina_160415_01

「専用クリーム」ならではの
こだわり5つ

160414_rufina_001背中ニキビのケアをするには、「保湿」と「予防」で肌が持つ本来の力を取り戻すことが大切です。専用クリーム『ルフィーナ』は、5つのポイントであなたの背中を自分至上最高の美しさに、引き立たせてくれます。

01.
「低分子コラーゲン」と
「シロキクラゲ」をW配合

肌のハリと潤いを保つ「低分子コラーゲン」と、世界三大美女の楊貴妃も美容のために取り入れていたという「シロキクラゲ」をダブルで配合。ヒアルロン酸をはるかに凌ぐ保湿力で、肌全体を潤いのヴェールで包み込みます。

02.
ニキビ予防に特化した
有効成分

ニキビ・あせも・しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ「グリチルレチン酸ジカリウム」や、クレオパトラも愛用したと言われる「水溶性プラセンタエキス」の2つの有効成分で、キレイな背中づくりをサポート。
btn_rufina_160415_02

03.
植物の力で
トラブルに負けない肌づくり

「カモミラエキス」はメラニン生成を抑える効果や血行促進があり、「アマチャヅルエキス」は、みずみずしいハリのある肌へと導いてくれます。

04.
顔や首、二の腕など
「全身」にも使える

ニキビだけではなく、保湿や美白効果もあり、トータルであなたの肌の悩みをサポートしてくれます。顔、首、デコルテ、胸、お尻、二の腕など、背中以外のパーツの整肌にも効果的です。

05.
100%国内生産
さらに5つの無添加処方

デリケートな肌を大切にするため、すべて国内の工場で生産。さらに、肌に優しい5つの無添加処方(合成香料、合成着色剤、紫外線吸収剤、鉱物油、パラベン)など、品質にこだわりあり。

使い方も「朝晩2回たっぷり塗るだけ」ととても簡単で、顧客満足度97%、継続率85%を達成。もしかしたら「今まで悩んでいたのはなんだったろう…」とさえ思っちゃうかも。ぜひ一度試してみては?
btn_rufina_160415_02

Sponsored by Rufina

思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
イギリスでマッサージ師をやっているHitesh PatelさんのFacebook投稿が話題となりました。カッサ療法で行った美容師さんの背中が、均等に血行が...
気になる、男性からのボディタッチ。とてもうれしくて、どういう意図があるんだろう?なんて思わず深く考えたりする人もいるでしょう。そういうとき、まずは背中のど...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
あなたの知り合いの女子に「かまってちゃん」はいませんか?もしかしてあなたの彼女がそうだったりします?かまってちゃんと話していると、「この子は何を考えてこん...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
仕事が忙しく、運動する時間はなかなか取れない。でも、美味しいものはどんどん食べてしまう。その結果、お腹はもちろん、背中の脂肪がなんだかマズイことに…。今回...
フェミニストとして活動する23歳のアーティストayuwatanabeさんに、おはなしを聞きました。
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
米国カイロプラクティック協会によると、腰痛はよくある欠勤理由の1つであり、アメリカで働く人の80%は過去に腰痛と闘ったことがあるといいます。その上、腰痛は...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...