メッセージ付きの「主張しすぎる耳栓」が旅行に、読書に、昼寝にピッタリ

「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」

耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そこに着目したポーランド人デザイナーの発想がバカバカしくもクールでいい。

移動中、読書中、さらには昼寝にも。ただ音をカットしてくれるだけじゃなくて、周りの人にも声をかけづらい空気を生み出す。こんな耳栓も悪くない。

周りも静かにさせてしまうから
結果的にノイズキャンセリング

全5種類、付属のアルミ製収納ケースが付いて価格は14.90ユーロ(約1,660円)。メーカーの発表では、27デシベルの騒音(飛行機内のノイズなら約30%)をカットできるんだそう。もちろん材質はスポンジではなく、もはや耳栓にも定着したシリコン素材を使用。

ヘッドホンやイヤホンのノイズキャンセリング技術、これを耳栓に応用したデジタル耳栓が一昨年あたりから登場した。環境騒音をカットしてくれるとあって、確かに画期的ではあるものの、なかなか手を出すまでには至らない。だって、音楽を聴くことが目的ではなく、ただ「騒音をシャットダウン」が目的だから。

もうちょっとライトなもので、使いたいときだけサクッと耳にはめて、それでいて「いま集中モードです」ないしは「話しかけないで」をさりげなく主張する、こんなアイテムがちょうどいいと思うのですよ。

Licensed material used with permission by LEAVEMEALONEPLUGS
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
パッシブ、アクティブ両者のノイズキャンセリング機能が搭載されている耳栓「QuietOn」の紹介です。
ピアノやステレオなど音響機器の音、スマホの着信音やアラーム、PCのキーボードをたたく音、ドアを閉める音、人の話し声、ペットの鳴き声、冷蔵庫や掃除機など家電...
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
メリットだらけ、です。
目的地までの空の上。飛行機という限られた空間を快適にしてくれる、見栄えからスマートな便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?旅のアイテムとして便利なのはもう...
ビールが好きです。缶か瓶かで言えば、瓶派。とくに、コロナビールが好きです。日頃から瓶ビールを呑む機会が多くて、とくに夏の暑い日なんかに散歩をしていると、す...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
「Craigslist」がこの世に生まれてから約24年。ついに公式アプリをローンチした。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
〈CRESCENDO(クレッシェンド)〉のイヤープロテクター。「Sleep」や「Music」、「Fly」などいろんなシーンに合わせたモデルが発売されていて...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
一体何味なのか公表されないまま発売される「ミステリーオレオ」。フレーバーを当てた人のなかから抽選で5万ドルが当たるという夢のような企画。2019年今年のフ...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
「耳そうじをやりすぎてはいけない!」。それは、なんとなく分かっているんです。でも、つい気持ちが良くて習慣のようにやってしまう。ということで、アメリカの耳鼻...
王冠付きの瓶を開けようとして、栓抜きがないことに気がついたーー。そんな経験はありませんか?じつは紙1枚あればフタを開けることができちゃうんです。これはぜひ...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...