驚愕の耐久性に目がテン!「ゴルフボール」を破壊するのは簡単ではない

結論からいえば、ゴルフボールの耐久性に驚愕してしまう映像。建設機械の鉄輪ローラー車で、ただボールを踏み潰していくだけの動画、といってしまえばそれまで。では、実際ローラーの圧力に屈せず、ボールはどれだけ耐えることができたのか?

どうでもいいようなことにも、真っ向から挑んだ大掛かりな実験。讃えるとすれば、本当そこだけなんだけどね(笑)。

ゴルフボール VS ロードローラー
勝つのはどっちだ!?

Eab420e14a7b17956fbd86c4fbf7047313c2596b

エンジンがかかり、黒煙を吹き上げロードローラーが動き出した。どうなるゴルフボール…。

Ca24892031070caca4e32868208a8c389bdbe2f9Eda937d95de5a438755a9c75ce79c3a35a875dc3

「WHATS???」

動画より彼らの感想をそのまま抜き出したものがコレだ。

このあと、前後のローラーが往復して8つのボールを踏み潰したところ、若干の亀裂が入ったもののボールは原型を留めたまま。

829e598bcde1030061606b6a9f1dffc46127f8f21f9fbaa92ad630ecfa11e6e85728fbafde9b51bb

ならばと、完膚なきまでにボールを叩き潰すこと合計8回。ようやくウレタン製のカバー(白い表面部)が口を大きく開き、硬いゴムのコアが登場した。

いったい、これが何の実験だったのかどうかは定かではないが、彼らの動画サイト「Crush」の目的は、とにかくなんでもぶっ壊してみるの1点のみ。今後もじゃんじゃん破壊実験をアップしていくそうだから、自分ではどうにもならない欲求を満たしたい人は要チェック。

ところで、そもそもゴルフボールの性質を知っている人ならば、ある程度の強度や反発力があることは周知の事実。ボールの強度を示す衝撃実験は、まだまだ他にも。

たとえば、コチラもインパクト大だ。

時速241キロで鉄板に衝突すると
ボールはとんでもないことになる!

動画の撮影スピードは、毎秒70,000フレームという超高速。実際、世界のトッププレイヤーでも、スイングのトップスピードは200キロ台前半というから、241キロという速度には人間の力では到達しない。

それでもボールを打つ瞬間、あの小さな硬いボールがここまで変形していたとは。

Reference:Mark Haycock
Licensed material used with permission by CRUSH
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
いきなりですが結論から。当たり前ながら、めっちゃ溶けます。以下がその様子。あえて何かを説明するまでもないでしょう。シンプルすぎる動画とはいえ、思わず見入っ...
ウクライナのプロボクサーワシル・ロマチェンコは、世界チャンピオン。フェザー級、スーパーフェザー級の2階級を世界最速で制覇した男だ。比類なき強さの秘訣は、ユ...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
ここに紹介する『hearO』は、昨年の全英オープンで実際に試合球として使用されたテニスボールを再利用してつくられたポータブルスピーカー。 ただの企画モノで...
フィラデルフィア在住の女性の発案でアメリカ全土へと広まった「ミートボールフライデー」。みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわ...
初対面の人が、直ぐに仲良くなるにはどうしたらいい?人生の疑問をユーモアある技法で解決していくメディア「SoulPancake」が、こんな実験動画を紹介して...
ドイツのインターフェイスデザイナー、シモーネ・シュラムさんが開発したのは、ストレスレベルが目に見える「ボール」。センサーによって皮膚から情報を得て心理的な...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
これから紹介するのは、とあるバッティングセンターに舞い降りた、平成の侍の勇姿。なんと、時速160kmの速球を、居合い斬りで真っ二つにしようというのです!ボ...
まずは、この一枚の写真を見てください。一見すると、ドッジボールやバレーボールに使えそうな青い球体。でも、決して「球技用」に作られたものではありません。実は...
本体はビーチボールのような空気を入れるタイプ。とはいえ、ただ“ビーチボールに地図をプリントしました”ってもんじゃなくて、人工衛星からの最新データをもとに精...
iPhone6が発売された時に話題になったのが、その耐久性。ポケットに入れると曲がってしまう現象は、写真とともにSNSで注目され、さまざまな耐久テスト動画...
洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
目の前で火災が発生──。これまでにそんなシチュエーションに遭遇したことはありませんが、燃え盛る炎を前にして、冷静に消火器で対処することのハードルは思いのほ...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...