もはやカーニバル。世界を虜にした「新感覚フェス」が日本へやって来る!

誕生から20年。1997年にロサンゼルスでスタートして以来、北中米を中心に世界各地で開催されているEDCElectric Daisy Carnival)』の日本初開催がついに決定!

年間100万人を動員し、今や名実ともに世界三大EDMフェスへと成長したモンスターフェスの魅力とはーー?

伝説のカテドラル・ステージ
そこで生まれる「高揚感」に誰もが病み付き

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

まず圧倒されるのが、EDCの象徴にもなっている「キネティック・カテドラル・ステージ」。大聖堂をイメージし、二羽のフクロウが見下ろす超巨大なステージの煌びやかさには、すべてのオーディエンスが目を奪われることでしょう。

そこに加わる最先端の照明、花火、サウンドデザイン、アートインスタレーション、そしてド派手な衣装のパフォーマー…いくつもの仕掛けが一体化した会場は、さながら異次元のカーニバル。

光と音のコラボが生み出す高揚感を全身で体験すれば、 たとえEDMに詳しくなくてもきっと病みつきになるはずです。

耳の肥えた音楽ファンが歓喜する
奇跡のラインナップ!

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

もちろん、出演者には耳の肥えたコアなEDMファンも納得のトップDJがずらりとラインナップ。

Zedd、Armin Van Buuren、Afrojackなどの世界的EDMスターや、“DJ MAG TOP 100 DJs 2016”で世界No.1の座を射止めたMartin Garrixも見逃せません。そして、ダンスミュージックシーンでいくつもの伝説を残してきたFatboy SlimDubfireなどレジェンド達の出演も決定。さらに、新進気鋭のトラップシーンからは、Yellow Clawなど…

この他にも世界三大フェスの名にふさわしいDJ、様々なジャンルのアーティストが続々と集結。今後の追加発表からも目が離せません。

スタジアムとビーチ
まさかのどちらもメインステージ級!?

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

『EDC Japan』は、2つの場所に合計3つのステージがセッティングされます。

ひとつは、千葉ロッテマリーンズのホーム「 ZOZOマリンスタジアム 」を開放した壮大なステージ。世界各地のオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んできた伝説のカテドラルステージはここに組まれます。

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

もうひとつは、スタジアムからほど近い「幕張海浜公園」に特設されるサーキットグラウンド。海を見渡しながらリラックスした雰囲気で体を揺らせます。日没後の都会の夜景も、テンションを高めてくれそう。このビーチは数年前まで「Bigbeach festival」も開催されていたエリア。一体誰が登場し、どんなパフォーマンスを見せるのか?期待が膨らみます。

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

「どっちがメイン?」

そんな声も聞こえてきそうですが、まさかのどちらもメインステージ級らしい!?スタジアムで一体感を味わうのもアリだし、ビーチサイドでまったりと過ごすのもアリ。もちろんふたつのステージの行き来は自由自在です。

「日本初」だけじゃない
実は東アジア規模でも初開催

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

今回のEDC、実は日本初というだけでなく、東アジアでも初開催。つまり、近隣のアジア各国からも開催を待ち望んでいたEDCファンが駆けつけてくることに。

国籍や言葉を超えて、音とバイブスで一体感を生まれる。そこには、EDMイベントにおいて重要視される 「P.L.U.R.の精神」が溢れています。

※Peace(平和)Love(愛) Unity(結束)Respect(尊敬)の頭文字をとってつなげたもの。

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

そしてこだわりたいのがコスチューム。もしEDCを本気で楽しみたいなら、仲間とお揃いのコスチュームは必須です。いわゆるフェスファッションでもいいけれど、プロのパフォーマーに負けない大胆な仮装で乗り込めば、きっとハロウィンよりも盛り上がれるハズ!

Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC

今年のGW、歴史的瞬間を見逃すな!
第2弾の先行発売は、2月11日から

先行チケットとして発売された第1弾は、即完売となってしまったそう。さすがに世界三大フェス、それも東アジア初開催だけあって、注目度の高さは群を抜いています。

第1弾でチケットが買えなかった人、この記事を読んで興味を持った人、まだ間に合います。第2弾の先行発売が2月11日正午から始まるので要チェック!

今年のGWは、2度とないこの歴史的瞬間に立ち会ってみては?


「EDC JAPAN 2017」開催概要
【日時】2017年 4・29(土・祝)/ 4・30(日)
【場所】ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場
【時間】開場:10:00 開演11:00

今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれ...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
1997年にロサンゼルスでスタートして以来、北中米を中心に世界各地で開催されている『EDC(Electric Daisy Carnival)』年間100万...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
巨大網の中にいるのは、たくさんの人間。これは文字通り、漁師の編んだ網に掛かれるアトラクション。漁業が盛んな小さな島「グロワ島」でうまれた「パカブ」という遊...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
千葉県大多喜町にて、日本初のボタニカル・ブランデーを作る試みが始まっている。2015年に閉園した千葉県立薬草園跡地を2017年春に引き継ぎ、 日本初のボタ...