じつは春がいちばん危険!「大人ニキビ」の賢い予防法、ありました

3月。ゆるやかな春の足音に心がゆるむ今日この頃。毎日ハッピー♪って、陽気に油断していませんか?

じつは春って、お肌にとっていちばん危ない季節なんですって。それって一体、どういうこと!?

春だって
お肌に厳しい季節なんです

春に訪れるのは嬉しい知らせだけじゃありません。乾燥、花粉、黄砂に紫外線、さらには年度末のストレスと、お肌にとっては過酷な環境のはじまりなのです。

ここで手を抜いてしまうと、冬のあいだせっかく大切に保湿してきたお肌が、春の嵐のごとく荒れ狂ってしまうハメに。特にくり返す「大人ニキビ」は、数日悩まされたり、メイクでもカバー出来なかったりと、一番の大敵ですよね。

春が近づいてきたら、いよいよ危ない!大人の女性のみなさん。そろそろこのリズムに気づいて、「大人ニキビ」をつくってしまう前に適切な予防をしましょう。

「清潔にするだけ」では
逆効果なことも!?

「大人ニキビ」の特徴、それは「原因と症状が多様」「何度もくり返す」ということ。

過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まりニキビになることは、多くの人が知るところ。しかし大人になってメイクをするようになると、肌に残ったメイク汚れが毛穴に詰まってニキビを誘発したり、サッパリさせすぎてお肌の潤い不足によるニキビができてしまったりと、一筋縄にはいかなくなってくるのです。

サッパリ清潔にしているはずなのにニキビ?と思われるかもしれませんが、お肌の潤いが足りなくなるとターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が乱れ、肌表面の角質が厚くなり毛穴を塞ぐ原因となります。また、肌自身が乾燥を防ごうと過剰に皮脂を分泌するため、逆にニキビを誘発してしまうのです。

さらには、ストレスなんていう目に見えない原因だって侮れません。日々のストレスはお肌の潤い不足と同様に、ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌を引き起こします。「ストレスニキビ」なんて言葉もあるくらい、じつは密接に関係しているのです。

こうして日々あらゆる原因にさらされる大人の肌。消えたと思った矢先にまたくり返し現れるニキビは、わたしたちの宿命なのでしょうか!?

あなたのケア、全方位カバーできてますか?

「大人ニキビ」対策で肝心なのは、多様な原因に対応して、ニキビができにくい肌の土壌をつくってあげること。皮脂対策だけでもダメ、乾燥対策だけでもダメ、ストレス対策だけでもダメなんです。

でも、アレもコレも必要って言われても、一体どうすればいいの!?そういって今日も「大人ニキビ」の出現に甘んじていませんか?

でも大丈夫。ちゃんと全方位的にカバーできるケアを、サポートしてくれるものがあるんです。

「殺菌・消炎・美白」
全部叶えてくれる『アクネミンQQ』

それが、皮膚の専門家が作った「大人ニキビ」ケア、『フォルミュール アクネミンQQ(以下アクネミンQQ)』。

ブルーのボトルの中には、「殺菌・消炎・美白」の3つの有効成分が凝縮された美容液がたっぷり。「サリチル酸」がニキビを悪化させるアクネ菌の増殖を抑制、「グリチルリチン酸ジカリウム」が消炎効果でニキビが気になる肌を整え、「ビタミンC誘導体※1」は色素沈着の防止に働きかけてくれるのです。他にも、肌の生まれ変わりをサポートして毛穴周りの角層を健やかに保ってくれる成分も。

つまり、「大人ニキビ」を引き起こす様々な原因に全方位的にアプローチ。毎日使い続けることで、大きく腫れがちな赤ニキビやニキビ跡を作らせない効果も期待できるんです。

『アクネミンQQ』、隙がなさすぎる!

いつものスキンケアに
プラス1するだけの賢い選択

気になるテクスチャーはサラッとした中にしっとり感もあって、お肌の上を滑るように馴染んでいきます。しばらくすると、皮膚の上にうすい膜が張ったような状態に。まるで見えないパッチシールが貼られたようです。この「浸透※2パッチ処方」が、有効成分や美容成分を肌内部※3に閉じこめ、効果を集中してくれるのだとか。

だから、使用タイミングは洗顔後スグ!ダイレクトにお肌へ閉じこめましょう。

これ1本で「大人ニキビ」ケアが完結するから、これまでこだわって選んできたスキンケアのラインナップを変える必要はありません。また1から選び直し……なんてことはなし。これが結構うれしいポイントだったりしますよね。今すぐ、気軽にプラス1の「大人ニキビ」ケアを始められますよ。

※1 美白有効成分L-アスコルビン酸2-グルコシド(メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ)
※2 角層まで, ※3 角層のこと

思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
心温まる動画をご紹介。
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
この4種類をデスクに常備しています。
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
大人になるということは、美容も健康も精神状態も、自分のことは自分で責任をとるということ。心身ともに健康でいるためにも実践してみたいのが「上品な女性が実践し...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...