気になる男性に「またすぐ会いたい」と思わせる女の法則

デート前日のボディーケアをなまける人なんて、まさかいないと思うけれど、そのまさかにドキッとしたアナタ。2人で濃密な時間を過ごしたいなら、絶対にボディースクラブでケアをしておくべき。自分の肌に自信が持てていつもより大胆になれるのもあるし、なんたって彼をあつ〜く燃え上がらせることもできるんですから。

ひとえにボディースクラブといってもいろんな種類がありますよね。だからどれが自分の肌に合うかわからないって人もいるのでは?
はじめて使うなら、断然肌あたりのやさしいシュガースクラブがおすすめ。なかでも、シリーズ累計販売が2,500万本にもおよぶ(※)BOTNANISTのボタニカルシュガー&バタースクラブは、保湿力の高いバターミルクも配合しているので、古い角質を取り除くだけじゃなくて、もっちりしっとりとした肌に導いてくれるんです。

(※)2015年1月〜2017年4月メーカー出荷実績(BOTANISTシリーズ全製品対象)

その肌に触れた瞬間、
きっと彼は心を奪われる

手触りのいい肌って癒やしの効果があると思います。もっちりしっとりしてて、なめらか。触れたら安心するというか、なんというか。だから男性は肌のキレイな女性が好きなんじゃないかなあ?
で、ボタニカルシュガー&バタースクラブは、肌にのせると3種類のオーガニックシュガーが体温でとろけて、角質層の奥まで浸透し、古い角質をしっかり除去。さらに、BOTANISTのオリジナルブレンド成分、ボタニカルバターミルク™が肌の内側から保湿。美白効果が期待されるイチジクも配合しているので、もっちりしっとり、そして透明感のある仕上がりに。彼が好む理想の肌に近づけるでしょう。

ほんのり香る甘いローズが
2人の気持ちを加速させる

じつは香りは本能にダイレクトな影響をもたらすって知ってましたか?つまり、ある匂いを嗅ぐと気持ちが高ぶるというわけです。

ボタニカルシュガー&バタースクラブの、カシス&ローズのダブルフレグランスは、少女のあどけなさと大人の色っぽさを兼ね備えているイメージ。そういうツヤっぽい香りって女性特有のものだから興奮する男性も多いみたいですよ。強くかおるわけじゃなくて、距離が近づいた時だけほのかに……っていうのがポイント。

どうやって使うのが正解?

簡単に使い方の説明を。
①洗体後、適量を手に取って肘や膝などザラつきが気になる部分を中心に全身に伸ばす
②そのままマッサージするようになじませ、2〜3分浸透させる
③洗い流した後、ボディミルクをつけるとさらに保湿力はアップ
どう?5分くらいで手軽にできそうでしょう?だけど効果はしっかり期待できるから、彼に好印象を残せることは間違いなし!

「試してみようかな」という人は、まずLINEでBOTANISTの公式アカウントを友だち追加。スクラブを含むBOTANISTの商品が、1点購入で100円オフ、2点購入で300円オフになるクーポンがゲットできますよ。

Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
最近仲良くして体の関係もあるけど、なかなか付き合おうと言ってくれない彼……本気なのか遊びなのか不安ですよね。今のままの関係を続けていいの?彼の本心は?こち...
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
ちょっと親しい関係になると、気軽にボディタッチしてくる男性っていますよね。特に、肩の部分は触られやすいようで、軽くポンと叩くこともあれば、じっと手を置かれ...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
心温まる動画をご紹介。
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
女性ライターのShireen McClearyさんが「Elite Daily」で語ったのは、「女兄弟のいる男性と付き合うべき5つの理由」。幸か不幸か、彼ら...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
男に生まれたかった。たまにそう思うんです。「Thought Catalog」のKim Quindlenさんがまとめたのは、男性は一切気にすることがないけれ...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
肩や背中に気軽にボディタッチする男性は多くいますが、それが腰となるとやはり遠慮してしまうのが普通です。しかし、中にはなぜか当然のように手を伸ばしてくる男性...
男性も、いろいろあるんですね。
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめた“deep woman”の恋愛事情。この表現、日本語に訳すと“思慮深い女性”と...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...