あー。このデニム、涼しい。

素材をアップグレードしたモノってたくさんあります。これまで以上に軽くて耐久性のある繊維の開発ニュースや、新繊維を使ったアウトドアギア、スポーツウェアに目を輝かせることもしばしば。既存のものを組み合わせることで、新しい価値を生みだしたなんて話も。

テクノロジーの進化は、最初は突飛な話題として目に入ってきますが、もっと身近なところに、いつの間にか浸透しているものでもあります。たとえばコレ。

和紙糸が織り込まれた
特別涼しくて軽いデニム

マニラ麻でできた和紙糸がヨコ糸に織り込まれている。すきまがたくさんある繊維のため、吸汗性、吸湿性、速乾性に長けているのが特徴。

写真に写っているのは「和紙デニム」。ザッと説明しちゃうと、涼しくて、軽くて、強い。

素材の特性上、乾きやすくて、蒸れにくく、実際の肌触りも爽やかで、履き心地が涼しげ。天然の消臭性や抗菌性もあり、汗をかく季節にもってこい。

デニムって、あつくなると避けがちになるアイテムだけど、できることならもっと履いていたいのもホンネ。そんなちょっとした悩みに、日本に昔からある和紙を使ったアプローチがされているというわけ。

手に持った瞬間の重さにも驚きます。めちゃくちゃ軽い!通常12.5オンス(約354グラム)あるデニムを、和紙糸を使って、同じ密度、同じつくりかたで織り込むと、重さが10.25オンス(約291グラム)になるそうで。この差は実際に手にとってみると想像以上。それだけでも体感気温を下げてくれそうなほど。

※メンズ、ウィメンズで、オンスは異なります。

水に強くて丈夫。ガシガシ洗えます。

紙だからと侮ることなかれ。洗濯機でしっかり洗えてタフに履けます。水に溶けちゃうんじゃ…なんて思いきや、いえいえ。そもそも水に溶ける紙って、トイレットペーパーくらいのものなんだとか。

1,000年以上前に作られた和紙製の書物がいまだに保管されていたり、和傘に使われていたり、じつは紙ってとても強い。その特性は生かしながら、フツーのデニムと変わらない見た目を実現しているんです。

色の落ち感もナチュラル。

もちろん経年変化が楽しめます。ダメージやシルエットのバリエーションもアリ。

ノンウォッシュは、薄手ながら表面にハリがあります。質感は少しパリッとした印象も。

ここで紹介した和紙デニムは、すべて全国47都道府県に店舗があるライトオンで販売中。価格は8,900円(税抜)から。

この機能で、この見た目で、この価格。デニムにも、いつの間にか「素材革命」が起きていたんです。日本全国で手に取れるので、触ってチェックしてみて!

DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
「こもれびうちわ」は、障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...