彼を諦めるべき「脈なしサイン」を、恋愛エキスパートに聞いてみた。

恋の始まりがどんなにドラマチックでも、残念なことに全部が全部、うまくいくとは限らないのが、人生のちょっぴり悔しいところ。いくら自分がベストを尽くしたところで、相手あっての恋愛ですからね。

さて、“恋愛エキスパート”としてアメリカでは名の通ったJeffrey Bernstein博士のアドバイスを交えたこの記事は、「Elite Daily」ライターCandice Jaliliによるもの。どこか身に覚えがあるのなら、辛くても「脈なし」と割り切るのも一考かもしれませんよ。

Jeffrey Bernstein博士が最近公開したばかりのブログ投稿で、女子が一度は悩まされる「彼は私に本気じゃないの?」という質問に答えていました。
「彼があなたに惚れているサイン」も恋愛を進めていくうえで参考になりますが、「彼があなたに興味がないサイン」もなかなか参考になるもの。 
 
これらのサインを読み進んんでいく前に、Bernstein博士より一言。「自分の価値を知りましょう」
 
かなり適当に扱われているというのに、好きだからといってその態度を受け入れてしまっていませんか?彼にあなたの価値が見えていないことは、あなたに価値がないのとイコールではないことを忘れずに。

01.
メールも電話も
ロクにしてくれない

メールも電話も、いつだってこっちから。仕方なく送ったメールへの返信は数日間かかるうえ、チョ〜適当。もしかしたら忙しかったのかも。でも遅れた言い訳すら、彼は考えてくれないんです。

これ、Bernstein博士に言わせてみれば、

「適当な言い訳と生半可な努力は、そこまであなたに本気じゃない現れです」

あ、イタタタ。

02.
彼の友だちや家族が
まだ、あなたの存在を知らない

深夜3時に、彼と彼の友だちと飲みに出かけるとしましょう。(ちなみに、これはふたりが会うお決まりの時間なのでは?)もう半年近く彼と“付き合っている”というのに、次々と登場するのは初見の人ばかり。その上、彼の友だちはあなたが「彼女」であることにまったく気づいていない様子。彼と会うのは毎回「夜遅く」そして「彼の場所」なんて特定されているようでは、そうなるのも仕方がないでしょう。

ですが、Berstein博士曰くこれは危険サイン。

「3ヶ月経っても友だちや家族に紹介されていないのは、関係の雲いきが怪しい証拠です」

だって本当に大切な存在なら、「隠したい存在」ではなく、「自慢したい存在」であるべきでしょう?

03.
パーソナルなことは
一切打ち明けてくれない

数ヶ月付き合っているというのに、彼について聞かれると全く答えられない。もしかしたら彼は心を開くのが苦手なのかも。秘密諜報員なのかも。忘れっぽいのかも…。

でもそんな予測より現実的なのは、あなたに「そこまで本気でないのかも」という可能性。心を開く行為は、「世界を共有したい」というお誘い。「共存したい相手だからこそ、人は心の奥底を打ち明けるもの」とBernstein博士も主張している通り、好きな相手だからこそ、自分のことを知ってもらおうとするものです。

つまり裏を返して言うと、「相手のことを知らない=相手にシャットアウトされている」ということ。

でも、たとえ今一緒にいる彼が、あなたを適当に扱うような人だったとしても、未来への希望は捨てないで下さい。ありのままのあなたに夢中になり、大切にしてくれる素敵な相手が、この世のどこかであなたとの出会いを待ちわびているはずだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
すべて当てはまるなら、別れるしかないでしょう。
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
後々、「やっぱり年下の彼は私には合わなかった…」となる前に、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんが恋愛コーチのDamona Hoffma...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
今こそ「見切りをつける」とき!?
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
現代では、女性の方が恋愛にも積極的で、愛情表現もストレートです。かたや男性はというと、どこか自分の気持ちを真っすぐに伝えることが奥手の人も多いよう。下手を...
彼のためにも、自分のためにも。
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
自身もセフレ扱いされた経験があるという「Elite Daily」のライター・Alisan Segelさん。彼女は恋愛アドバイザー・Jacqeline Ni...