謎のカザフスタン人を助けたら、自分の意外なところに気付かされた。(後編)

前回の記事はコチラから。

理不尽な体験から
気付いたこと

無事に日本に着いたカザフスタン人のAigulさん。「じゃあ仕切り直して、日比谷でランチでもしましょうか」という話になり、お昼に会う約束をしていた。

「13時にペニンシュラホテルの前で会いましょう」

「OK」

が、しかし。

待ち合わせの時間から10分過ぎても、やってくる気配がない。彼女の携帯はWi-Fiのある場所でしかネットに接続できず、電話も繋がらなかった。

普段は寛容なぼくも、珍しくイライラしてしまった。お昼休みは1時間しか取れないから、そのなかで何を話そうかとか、どこへ連れて行こうかとか、喜ばせるために色々と準備をしていたから、それが台無しになってしまった悲しさもあった。

せめて、「遅れる」という連絡だけでもくれればいいのに。そう嘆きながら、ぼくは30分以上そこで待っていた。

そのとき、「まったく、カザフスタン人はひどいもんだ」と無意識に感じている自分に気付いた。「彼女はひどい」でなく、「カザフスタン人はひどい」と感じていたのだ。生まれて初めて知り合ったカザフスタン人の行動や言動に、「一般にカザフスタン人とはこういうもの」と判断してしまっている自分。もちろん、すべてのカザフスタン人がそういうわけではないはずなのに。

ということは裏を返せば、ぼくの行動や言動もまた、彼女にとっての「日本人ってこういう人」という印象に繋がるのだろう。ぼくがどういう対応をするかによって、日本の印象は良くもなるし、悪くもなる。

(だったら、究極に良くしてやろう)

こんな理不尽さにも、最高のおもてなしで返そうと心に決めた。

平和への道

Aigulからは、夜になってようやく連絡があった。

「ずっと連絡ができず、本当にごめんなさい。通りすがりの人にお願いしてでも、遅れることを連絡すべきだったわ」

と謝ってくれた。 

「I was so sad.」

と軽くグチりながらも、すでにぼくの怒りは冷めていた。

「じゃあ明日のお昼、もう一度同じ場所で会おう」

「わかった、今度は必ず行くわ」

そして翌日、ついにAigulと会うことができた。彼女と一緒に日本に来たふたりの友人もいた。エルサルバドル人とパレスチナ人と聞き、「おぉ、おもしろい!」と思った。全員初めて会う国の人間、それも滅多に会えない国の人間だ。

D5d6652fe576eb005d76a787d408a1bd00d3dbe150c6e0177ba1d62973ff0bf730c37a93556f3818

ぼくは行きつけのお店に連れて行き、そうめんと天ぷらを食べさせた。英語でうまく説明できる自信がなかったから、どんな料理なのか、英語で紹介された記事を用意して説明した。

F53b1ddfc44e027a41de43cd970841a99fb1c002

そして、「昨日の約束を破った罰として、これを付けていなさい!」と「必勝ハチマキ」と「I LOVE JAPANハット」をプレゼントした。喜んでくれた。「ごちそうさまでした」という日本語も教えた。

「エルサルバドルに来たら案内するよ」「パレスチナにも来なよ」そんな嬉しい言葉をもらって、楽しい時間はあっという間に過ぎた。彼らは翌日から京都へ行くそうだ。「Have a nice trip!」と握手をして別れた。

9b0654669abe6c8a855a0ccd82d0d423a2b7b007

思い返せば、見知らぬカザフスタン人からもらった突然のメッセージがきっかけだった。無視していれば、こんなことは起きなかった。もちろん、自分のしたことにはリスクもあったし、決して正しいことだとは思っていない。何でもかんでも「いいですよ」と言っていたら、悪い人に騙される可能性もあるだろう。

それでも、信じることを諦めたくなかった。平和への道は、こうした小さな交流の延長線上にあると思っている。日本を訪れる外国人にとって、交流した人の印象が、そのまま日本の印象に繋がる。だからこそ、困っている外国人を見かけたら、声をかけてあげてほしい。言葉ができなくても、心で通じ合える。きっとお互いにとって、素敵な体験になるはずだ。

C2e8f046ebdc49b886b5c9b01236a62a08d3fc6b
Licensed material used with permission by 中村洋太, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
数年前、まったく知らない外国人の方から、突然Facebookでメッセージが届いた。それもすごく変な日本語で。もしあなたがこのメッセージを受け取ったとしたら...
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...