トマト祭りよりも思い出に残っている、バレンシアでの出会い

バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブニョールという小さな町で開かれる「トマト祭り」に参加するためだ。

スペイン・バレンシアの
思い出

毎年8月、狭い通りに何万人という人が世界中から集まり、そこに何トンものトマトを積んだトラックがやってきて、中心部にドサっと落とされる。それがお祭り開始の合図で、あとはただ、みんなでひたすらトマトを投げ合う。

通りの両側に住んでいる住民たちは、家の窓からバケツいっぱいの水を浴びせてくる。歓迎しているのか、「迷惑だから早く帰れ」と言いたいのか、よくわからない。ぼくらは身動きが取れないから、ただ濡れることしかできない。

いずれにせよ、日本では考えられないようなクレイジーなお祭りだ。あまりの人の密度に、パニック障害になってしまったおばさんもいた。ぼくも圧迫死するのではないかと何度も思ったが、その過酷さも含めて経験できて本当に楽しかった。

興味があればぜひ参加していただきたい。しかし、今回の本題はトマト祭りではない。バレンシアでもうひとつ、忘れられない思い出があるのだ。

きっかけは、パエリア

(スペインと言えば、パエリアだ)

初めて訪れたスペインだから、当然そう思った。スペインに入って数日経つのに、まだ本場のパエリアを食べていない。今夜こそ食べようと、バレンシアのレストランに飛び込んだ。

だが、ウエイトレスに注文すると、「パエリアは2人前からしか作れないのよ」と言う。どうやら本当にそういうものらしい。ぼくは渋々、パスタを頼んだ。

(スペインに来てパスタを食べるなんてなぁ…)

残念に思いながら周りを見渡していると、ふと隣に座っているおじさんが目に止まった。このおじさんはひとりなのに、パエリアを食べているではないか! 何故だ!? パエリアは2人前からではなかったのか!?

ぼくは、思わず話しかけてしまった。

「すみません、パエリアって2人前からじゃないと注文できないのでは?」

「そうだよ」

「え? でも、おじさんひとりですよね?」

「あぁ、だが食べきれないことはないさ」

「え?」

見ると、大きな鉄鍋に盛られた2人前のパエリアを間もなく完食するところだった。なるほど、そういうことか。さすがにこんな量、ぼくには食べられそうにない。

「君は何を注文したんだい?」

「パスタです」

「おいおい、スペインに来てパスタか!はっはっは!」

「……」

そんな調子で仲良くなったステファノさん。実はイタリア人で、仕事の出張でバレンシアに来ていたそうだ。

「そうか、自転車でヨーロッパを旅しているのか。これからイタリアへ向かうのか?」

「はい。ステファノさんはイタリアのどこに住んでいるんですか?」

「モデナという街さ」

「あ、知っています。ぼくはモデナの近くのボローニャに寄るつもりです」

「ボローニャに着いたら、私に連絡しなさい」

そう言うと、番号を書いた小さな紙切れをぼくに渡して、去って行った。

「ヨータ、よく来たな!」

それから2週間後、ぼくは地中海沿いにフランス、モナコを走り、イタリアに入った。ボローニャの広場に着くと、見覚えのある人物が向こうからやってきた。

「ヨータ、よく来たな!はっはっは!」

ステファノさんは彼の娘と友人、さらに日本人の知り合いの方まで通訳として連れてきてくれ、ガイドブックに載っていない、地元の人しか知らないような人気のレストランへ連れて行ってくれた。そこで食べたポルチーニ茸のパスタのおいしさは、今でも忘れられない。

この広い地球で、スペインで初めて出会った人と、2週間後に今度はイタリアで会い、ご飯までご馳走してもらえるなんて…。奇跡としか思えなかった。

旅をしていると、「あそこであの人に出会っていなければ…」と思うことがよく起きる。みなさんにも、そういう経験があるのではないだろうか。 

「人間は一生のうち、逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に」

という言葉を実感する。きっと旅に限ったことではないだろうが、しかし旅では出会いがより浮き彫りになる。あのとき、レストランで話しかけずにいたら、何も起きなかったのだから。

振り返ってみると、何も特別なことをしたわけではない。「パエリアって2人前からじゃないの?」という、素朴な疑問をぶつけただけだ。

でも、そんな誰にでも思い浮かぶような素朴な疑問から、ストーリーが始まっていくように思う。「まぁいいか」と流してしまうのか、「気になるから」質問してみるのか。

沸き上がる疑問に対して素直に向き合えば、行動が生まれる。そして行動が、新たな出会いを生む。その積み重ねが、「奇跡」を起こす確率を少しずつ高めていくのかもしれない。

ステファノさんとの一連の出来事は、そんなことを考えさせてくれた。

Licensed material used with permission by 中村洋太, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
トマトの植え込みに最も適したシーズンが、4月〜5月にかけて。つまり今が最旬期。そこで、斬新でカンタンな栽培方法を動画でご紹介。これホント?と、思ってしまい...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...