仕事を辞めて「猫」以外すべてを捨てて、オーストラリアを完全制覇。

2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。残りの生涯を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所有するすべてのモノを手放して旅費にすることを決意したのだった。

ただし、たった“ひとつ”だけ、どうしても手放せなかったのだと…。

愛しい「黒猫」と一緒に
オーストラリア完全制覇の旅

83ae6f1979fca5050d8b36f71bcceca2d14d51401d3aace21e9ddbddf4ba4a41baba23ce4c257e42

写真にうつるのは愛猫のWillow。「旅に必要なモノ以外のすべてを手放したけれど、愛する黒猫の彼女と離れることが、どうしてもできなかった。だから、一緒に連れて行くことにしたんだ」と、Richはいう。

バンに乗って、一人と一匹は50,000km以上も走り続けた。658日かけてオーストラリア一周を果たしたのは今年の2月のこと。

長い間、お互いの存在を感じながら、自然や人々に出会う日々は一体どんなものだったのか。これは、彼らにしかわからないことだけど、屋根のある家で主人とペットとして暮らしていた以前とは、まったく違う“世界の見え方”なんだろう。そう、私は思うんだ。

これからも続く、
“小さな足跡”をつける旅

Dba1b98dc56940c3f198281d228f532311fe2fa6

658日間も旅を続けて、小さな黒猫は偉業を成し遂げました。今朝、私達は西オーストラリア州での7ヵ月の旅を経て、ついに南オーストラリア州に到達したのです。つまり、オーストラリアを完全制覇したということ。

 

私は、これまでの旅で出会った人々、InstagramFacebookで応援してくれた人々に感謝しています。でも、まだ終わりではありません。旅を終える気なんて一切ないんです。偉大な土地に“小さな足跡”が刻まれ続けることを期待してください。では、良い旅を!

 

Rich (Willowの運転手であり、彼女にエサとハグを与える者) より

これは、記念すべき日に、RichがFacebookで投稿した言葉の一部。

心から愛猫を尊敬している彼は、「彼女よりも最高の相棒はこの世に存在しない」とも、語っている。

9cedbedd0b97477cdff926bada089cf3ce27ef84610ab6c31ec731cde269d8d6eaf7dd637be09f10D6f3fab91c08059ee40912792af90eac16f6ab8a

長い旅の間、RichはパートナーであるWillowをあまりリードで繋ぎたくなかったそう。だから、GPSを搭載した首輪をつけて、決して見失わないようにしていたとのこと。

他にも、宿泊費を削減するために、バンを住居がわりにしたり、旅の思い出をカレンダーにして販売したり。気ままな暮らしを続けるために、さまざまな工夫をしている。

日に日に、“生きる知恵”をどんどん身につけているようなんだ。

9b8d0c36e21aeab3cd33c2c9762955ec4260d39851e191d4c670a0272e712a8a6ac6135ef1d29cc8D88b1d6e8e9a1a1dad6304bf90e8ad79eaea6b51Dc90b046e271b21ebc9749071fdec30322e32e2aF84e7b71b0e3c54f84f2c6f4f56b060e71c9699d

たくましく生きる一人と一匹の姿を見ていると、なんだかチカラが湧いてくる。

黒猫と男の旅は、まだまだ続く。

Licensed material used with permission by VanCatMeow, (Instagram), (Facebook)
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
とある雨の日、ダニエルさんが家に帰ろうと歩いていると、小さく動いているダンボール箱を見つけたそうです。開けてみると、そこにはまだ手のひらサイズの子猫が2匹...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
「あー、仕事辞めてどっか旅にでも行きたいなー」って思うこと、ありません?ここで紹介するスペイン人のセルジ・バーゾリさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセ...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
ペットユーザーがSNSに投稿する愛犬・猫写真は、日本のみならず世界でも超がつく大人気ぶり。とくに2016年は“愛猫アカウント元年”と呼べるほどに、ご自慢の...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
旅には、人生が凝縮されています。
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
Instagramにあふれる、キュートな猫の写真。そのうちのいくつかをよく見ると、気になるハッシュタグの存在に気付きます。「#猫バンバン」その数、累計約5...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
Felicity Berkleefさんが飼っている猫たちは、普段はアクティブで外で冒険するのが大好き。だけど、雨が降ったときは2匹とも窓から外をじっと眺め...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
リビングで猫とまったりしているときがいちばん幸せ。道で見知らぬ猫が寄ってくるなど、好かれやすい体質である。寝るときは羊の代わりに子猫をカウントする。そんな...
丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。神社のシンボル的な存在と言えば狛...
「どうしたの?」写真を観た瞬間に心の中で呟いてしまった。こちらの猫の名前は、ルフくん。世界一さびしげな顔の猫として知られているようだ。この物憂げな表情が、...