世界初、英に登場した「ヒゲカフェ」。

疲れた、癒しがほしい……。ふわもこの犬や猫、あるいはウサギなどの動物たちに安らぎを求めるキモチは理解できる。

だけど、それが男たちのヒゲとは…。

ああっ、癒される…のか?

05a07ee0bdb549014f98613cc062aa57d7fad17e74b5da606cbf9dd7d35557a31cb2bedd306633ff

髭を触って、お茶を楽しむ
癒やし空間

クリスマスで賑わう英レスターのショッピングモールに現れた、ポップアップストア「Mo Bros」。店員はみなサンタクロースと見まごうヒゲをたっぷり蓄えた店員たち。

イングリッシュティーやコーヒーも提供されたようだが、お客たちが楽しみにしていたのは、彼らのヒゲ。そう、言うなればここは“ヒゲカフェ”。男たちの長くチリチリしたヒゲを触って癒されようという、ユニーク極まりないショップだ。

ちなみに料金は5分間で5ポンドというから、日本円にして約760円といったところ。うーん、正直これが高いと感じるかどうかは、もう個人の偏愛次第としか(笑)。

B7b12091904826c0c77c86d871a7409535707ac7

手垢のついた表現だけど、見れば見るほどシュール。これで本当に癒しの効果があるんだろうか?

プロジェクトを仕掛けたMo Bro’sによれば、なんでもヒゲを触ることでオキシトシンが分泌され、心がリラックスする効果が科学的に証明されているんだそう。犬や猫を撫でたときに分泌されるという話は聞いたことがあるが、小動物に触れるのと同じく、男たちのヒゲにほっとなるとは到底思えないのだが…。

E31e3f1a59c8e5224721a7df257e54c869f9113c9863a526639a0ca7de959e693399d6daca8b47bf

だけどお客たちの表情を見る限り、まんざらでもないご様子。ちなみに、ただヒゲをなでるだけでなく、オイルやコロンを使い、より柔らかくいい香りのするヒゲで楽しんでもらおうという配慮がニクい。

「クリスマスに忙殺されている人たちを癒やしたい」という思いから生まれた異色のポップアップショップ。ご自慢のヒゲを持つスタッフもその場で募集し、2インチ(約5cm)を超える髭の所持者は、1時間30ポンド(約4500円)で働くこともできたそう。

Dcbcbfd45c9f5c55e0c6676abf3cd2bacfa787c43b73481e6469df917cfcce02a85c3ec4193d36a6

素敵な髭を維持するために

63bf50098842dff8e8999bd5d07068fb0b25beed

ところでこのMo Bros、年がら年中ヒゲを触らせているわけではなく、普段は大手髭剃りメーカーとして製品販売が中心。自慢のヒゲを蓄えたDattani三兄弟が運営する会社の創設も、ヒゲがからんでいた。3人ともヒゲのトリミングやケアに大変苦労していたらしく、「だったら自分たちで製品を」と。

F0570208aab04fb891a321c8825c2a0e7d892a445faf354ac92a1d11a128d4f3ef22c60b76d81d0f3c3092f593f0b2e1356ac61686227ca439a74485

ポップアップショップにも、もちろん「Mo Bros」の自慢の商品が並んだようだが、触ることでヒゲの魅力に魅了された男性が手入れ道具を買ったり、それこそプレゼントに選んでいく人が多かったんだとか。そうそう、ヒゲを撫でるために支払われた料金はすべて、ホームレスの援助のために寄付だそう。ダンディなヒゲの持ち主はハートもホスピタリティに溢れていた。

Licensed material used with permission by Mo Bro’s
独創的でハイセンスな唯一無二のひげ、ヒゲ、髭。テキサス州オースティンで開催された「世界ひげコンテスト2017」。もはやアートの域に達した、造形物のようなご...
グルーミングに対する意識の高い欧米。もちろん日本でも「整える」は常識。でも、それ以上に魅せるヒゲをアレンジするなら、輝くヒゲはどうだろう。クリスマス、忘年...
言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?彼らは、テネシー州・ナッシュビ...
6/6から12日間だけ限定で、「キールズ」のポップアップがオープン!夏に大活躍してくれる人気の化粧水のお試しや、肌のカウンセリングの他、日替わりでイベント...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
「Elite Daly」で、恋愛相談コーナー(エロ多め)を持つ、女性ライターGigi Engle氏。このたび、「ヒゲ男子」の魅力を、彼女らしい“性の視点”...
素材メーカーCocona社によると、断崖絶壁を登るクライマーにとって37.5度は理想的な体温。わずかな時間でも急変する山の気候を考えたら、体温をキープする...
ヒゲを生やした男性をどう思いますか?米・ニューヨーク在住の女性ライターGigi Engleさん曰く、彼らは男性としての魅力を兼ね備えていて、パートナーとし...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
大きなヒゲをたくわえる女性モデルHarnaam Kaurさん。自らのコンプレックスを乗り越えた結果、育毛剤の宣伝をするようになりました。でも、そこまでの道...
ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか? 今回は、全米で2...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
東京・原宿CASE BにSK-Ⅱがオープンした期間限定ポップアップストア「FUTURE X Smart Store by SK-II」。ここは、店内に一歩...