男のたしなみと身だしなみは、ポートランダーから学んだ

ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか?
 
今回は、全米で2つしかないというストレートレザーブランドのうち、『PORTLAND RAZER CO.』を訪ねて話を聞いてみました。
 
それにしても、ヒゲを伸ばしている人が多いのにカミソリなんて売れるの…?

ヒゲの手入れには断然ストレートレザー

23b3de5e2c99cff04bd58bf60562958a3e86295bE5ee0ed4ab3aa63395af12c5d9c9aaeed1128ad5448bdf6d39318e08b3a82990d9db21330aa8e7a3

ストレートレザーについて語ってくれたのはスタッフのブライアン。

ヒゲを伸ばしっぱなしで手入れをしないなんて、論外だな!僕らがこの街でストレート刃のカミソリを作っている理由は、ポートランドはヒゲにこだわりを持った男性が多いからなんだ。

実はストレート刃のカミソリはT字カミソリやシェーバーと違ってヒゲのキワを剃りやすいから、ヒゲ全体をデザインしやすい。ヒゲを伸ばしている人にこそピッタリな道具がストレートレザーだってことを、覚えておいてくれよ!

E2b9e0e25e3a1a708956d205fb3f72e434aa03c2

それにしてもストレート刃のカミソリでヒゲを剃るのは肌を傷つけそうでちょっと怖い。それに道具もたくさん必要なのでは?

そこで、実際にヒゲの手入れをしているところを見せてもらいました。

9d733f3e22e95f5b032d6228a5e5408f6f4cccc0

これは、アナグマの毛を使ったシェービングブラシ。まずはこれでフォームをしっかりと泡立てて…

アナグマのブラシは水分をしっかりと貯めるから最適なんだ

316d3ed835223ef93142c0c330af6c7b7d617db0

蒸しタオルでヒゲを柔らかくしたあと、全体にブラシで泡を塗っていきます。

ここで泡が垂れないように、固く緻密な泡を作っておくことが大事!

11cbfc2347bc0558db4a31b230532955b0503382

頬ヒゲの手入れ。チリチリ…と、ヒゲが剃れていく時の音もいい!

皮膚を引っ張りながら刃を寝かせて剃っていく。刃を横に引くと切れてしまうから注意して!

F25adec26156eb098fd9f7957d60449442832352

伸び過ぎたモミアゲもストレートレザーならラクにカットできます。

ほらね、ヒゲを蓄えていてもカミソリは必要なんだよ!

電気シェーバーと違ってストレートレーザーは使い方に慣れが必要だし、ぶっちゃけ泡を立てたりと色々と手間も掛かる。だけど手間が掛かるからこそ、「男の趣味」として成立するんだ。単純に身繕いするためではなく、手間を楽しむことで男を磨くための道具でもあるのさ。

ヒゲの手入れはポートランダーにとって特別な存在。
剃刀が使える”バーバーショップ”は、日本でも身だしなみに気を使う男が集う「コミュニティ」として、若い男性から再び注目を浴びている場所。

この街のバーバーショップはどうなのか?
そのあたりを探るため、地元のショップを訪ねてみました。

ビール、バーボン、ヘアカット
それは一種のアート

D856e0e6ef75d360e3a7549eb05c9c7217b9c6d7

ここ、BARじゃないですよ。BARBERですーー。

『DAPPER BARBER』は、顧客にアルコールを提供し、飲みながらヘアカットをするというコンセプトのバーバーショップ!

到着したら、まずはかけつけ一杯。このお酒はポートランド市内にあるイーストサイド蒸留所のバーボン。ノドに火がつきそうながらもスムーズな味わい!

 

24a8612155f1a3794b84d7907347d84d9c4319d5E1063f7c53454a6c133ba6dcf3dcd81b9518053d

この立派なヒゲを蓄えているのがオーナーのローレン。

ーーそれにしても、なぜバーバーショップでアルコールを出すの?

ビールやバーボンを飲みながら店主と世間話をして、髪やヒゲの手入れをする。僕はそういったバーバー文化は失われつつある一種のアートだと思ってる。この店は生活としてのアートを取り戻すための取り組みなんだ。

昔は男が外で力仕事をするのが当たり前だったけれど、いまはデスクワークみたいなホワイトカラーの仕事が増えて、無骨な男っぽさはイメージが悪くなってしまった。ヒゲやバーバーショップが人気なのは、古きよきダンディズムを取り戻したいと、みんながどこかで感じている証拠なんじゃないかな。

4a2deba111a57334f39d003a4f00833ed3607a36

客が散髪されながらビール片手に人生相談や仕事の悩みを打ち明ける…取材中も幾度もそんな場面に遭遇しました。

髪をカットするだけじゃない、ヒゲを整えるだけでもない。

男が心底リラックスできるコミュニティを形成する場としてのバーバーショップは、今後、日本でもますます注目されるでしょう。

グルーミングに対する意識の高い欧米。もちろん日本でも「整える」は常識。でも、それ以上に魅せるヒゲをアレンジするなら、輝くヒゲはどうだろう。クリスマス、忘年...
クリスマスで賑わう英レスターのショッピングモールに現れた、ポップアップストア「Mo Bros」。店員はみなサンタクロースと見まごうヒゲをたっぷり蓄えた店員...
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...
言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?彼らは、テネシー州・ナッシュビ...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
「Elite Daly」で、恋愛相談コーナー(エロ多め)を持つ、女性ライターGigi Engle氏。このたび、「ヒゲ男子」の魅力を、彼女らしい“性の視点”...
ヒゲを生やした男性をどう思いますか?米・ニューヨーク在住の女性ライターGigi Engleさん曰く、彼らは男性としての魅力を兼ね備えていて、パートナーとし...
独創的でハイセンスな唯一無二のひげ、ヒゲ、髭。テキサス州オースティンで開催された「世界ひげコンテスト2017」。もはやアートの域に達した、造形物のようなご...
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
大きなヒゲをたくわえる女性モデルHarnaam Kaurさん。自らのコンプレックスを乗り越えた結果、育毛剤の宣伝をするようになりました。でも、そこまでの道...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
私はもともと、特別ずば抜けたものを持っている人間ではありません。トップVIP担当に選ばれた当初、なぜ自分だったのか不思議で、上司に聞いてみたことがあります...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
美しい女の人っていうのが、私の中の「人魚」のイメージ。アンデルセンの『人魚姫』の影響もあるのか、頭に浮かぶのは女性像という人も多いのではないでしょうか?今...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
人を外見だけで判断するのはよくないといいますが、初対面においての判断基準は外見だけ。身だしなみが整っていないと、「そういう人」だと思われても仕方ありません...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...