地球上で一番カラフルな「世界遺産」は、ココにあります。

まだまだ肌寒い日が続く、今日この頃、いかがお過ごしですか? 現実逃避じゃないけれど、ついつい暖かい国に思いをはせてしまったり……しますよね。そんなとき、ぴったりなところがあるんです。

北米は、メキシコ。カラフルな街並みや絶景で有名な、あそこです。原色で彩られた情熱の国の文化と歴史と流行は、きっと今すぐあなたをハッピーにしてくれるはず!

まるでアート!
話題のカラフル都市・グアナファト

5708414525112320

国の中部に位置する「メキシコで一番美しい場所」といわれる街・グアナファト。なんと、街全体が世界文化遺産に登録されているんです。一見かわいらしいカラフルな家々の外壁は、北米の強い太陽の日差しを跳ね返すために明るく塗られているそう! メキシコの知恵、ここにあり......ですね。

そんなカラフルなグアナファトの街並みを楽しめるのは、明るい時間だけだと思っていませんか? 心配ご無用。夜になるとライトアップされるんだって! 昼とはまた違った景色を楽しめるんです。

メキシコ通の女子が選ぶ
人気ナンバーワンのお土産とは?

5790475512446976

カラフルで楽しいメキシコの街に行ったら、たとえばお土産はどうする? 「どんなものがあるかわからない!」という人にまずおすすめしたいのが、「アレブリヘ」

カラフルな怪獣や動物の張り子細工で、模様もドットやストライプやフラワー柄など、じつにさまざま。作家のイマジネーションから生まれるそれは、一体一体がオリジナルで、おなじものはふたつとないのだそうです。

そうそう、このアレブリヘ、ちょっと不思議なきっかけで生まれたものらしくて......。人形のモデルになっているのは、生みの親である張り子職人が、重い病気で昏睡状態に陥っていたときに、夢のなかで出会った奇妙な生き物たちなんだって。しかも、その生き物たちが叫んでいた言葉が「アレブリヘ!」だっていうからびっくりですね!

メキシコ南部の州オアハカでは、木彫りのアレブリヘも作られてるんだって!

カラフルさじゃ負けない!
「死者の日」って知ってる?

5208139418828800
Photo by メキシコ観光局
64650546186813444867807820906496
Photo by メキシコ観光局

毎年10月中旬から11月初旬にかけて、メキシコの街中ではパペル・ピカドと呼ばれるカラフルな切り紙の旗やお花、骸骨の人形などが飾られるんだって。これは11月1日と2日までの2日間を軸に、メキシコ各地で「死者の日」という故人の魂を迎える祭礼がおこなわれるからなんです。日本でいう「お盆」みたいな行事らしいけど、これをカラフルにやっちゃうところはメキシコならでは! ちなみにこのメキシコの「死者の日」、なんとユネスコの無形文化遺産に指定されているんだって!

家庭では、「オフレンダ」というカラフルな祭壇を設けて、そこに故人の写真や生前に好きだったものを供えて、彼らを迎える場所にするのだとか。故人の魂が迷わず戻ってこられるように、オレンジ色が鮮やかなマリーゴールドの花びらがたくさん並べられます。死者とわたしたちの世界をつなぐもののシンボルになっているんですね。家族や友人どうしで集まってお墓のまえで団らんしたり、楽団が故人の好きな歌を歌ったりするなんて、なんだかとっても楽しそう!

「死者の日」には、ここに行こう!

ハニツィオ島

5455152517480448
Photo by ©️IASA

ここ、まだまだ日本ではあまり知られていないそうなんです。パツクアロ湖に浮かぶ小さな島「ハニツィオ島」は、「死者の日」に訪れるスポットのなかでは、メキシコ人にとくに人気の場所なんだって!

島全体に飾り付けられたお花と、やさしくともされる灯りが美しく幻想的。島までは、湖の湖畔から手漕ぎ船に乗って向かうなんて、ちょっとした冒険みたいで夢がありません?

オアハカ

6164283293433856

反対に、こちらは外国人観光客にもすでに大人気の「死者の日」スポット! メキシコの中でも、「もっともメキシコらしい場所」と言われているのだとか。さまざまな先住民が暮らしているから、伝統文化が今でも生きつづけている場所なんですね。

「死者の日」当日は、なんといっても中心地でのパレードが見どころだけど、やっぱりカラフルな装飾も外せない! 街がカラフルに彩られる「死者の日」......いつか一度は行ってみたい!

こんなに魅力的でカラフルな街、メキシコの虜になったら……

実際のメキシコの街とそっくり!? 映画『リメンバー・ミー』で心までカラフルに!

5132804350279680
Photo by ©️2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
5772091978678272
Photo by ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
6258704257122304
Photo by ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
6077757016506368
Photo by ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ここまで紹介してきたカラフルなメキシコの魅力、実際に行ってみたいけど、すぐに行くのは難しい! そんなあなたのために、カラフルなメキシコを存分に堪能できる映画があるんです。『トイ・ストーリー3』の監督が贈る、ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』。

主人公・ミゲルは、ギターの天才少年。ミュージシャンを夢見る日々だけれど、厳格な家族の掟によって、ギターを弾くどころか、音楽を聴くことすら禁じられていました。年に一度の「死者の日」に開催される音楽コンテストに内緒で出ようとする彼は、あることをきっかけにカラフルな<死者の国>に迷い込んでしまいます……。

テーマパークのようにカラフルで陽気な<死者の国>で突如はじまった冒険。そこで出会った、陽気だけど家族が恋しいガイコツのヘクターとの出会い。ミゲルが大好きな歌「リメンバー・ミー」が時を越えて家族をつないでいきます。あなたも『リメンバー・ミー』で、情熱の国の暖かな空気感、遥か遠い時間を生きていた先祖を思う温かな気持ちを、ぜひ体感して!

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』

3月16日(金)より全国ロードショー。

5360755444547584

さらに、今なら実際にメキシコに行けちゃうかもしれないキャンペーンが実施中!!

【#リメンバーミーを語ろうキャンペーン】

 

カラフルな世界を体験できる「メキシコ・グアナファト4泊7日ご招待の旅」を2組4名様にプレゼント! メキシコ旅行以外にも映画『リメンバー・ミー』のスペシャルグッズ等が計50名様に当たる、お得な投稿キャンペーン。

<応募期間:2018年2月26日(月)10:00〜5月14日(月)23:59>

詳しくは、サイトをチェック!

5573982048747520
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行な...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
女性ライターのJasmine Vaughn-Hallは、「Elite Daily」でディズニー映画のヒロインたちが、もしも友達だったらどこへ出かけるのがベ...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...