カラフルな煙幕に踊るガイコツ。

主に11月1日から2日にかけて行われるメキシコの伝統行事「死者の日(Día de los Muertos)」。諸説ありますが、起源はメキシコの土着文化とカトリック教徒の慣習が組み合わさったものだと考えられています。

日本で暮らしている人でも、その光景を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。こういうの。

極彩色の“迎え盆”

UNESCOさん(@unesco)がシェアした投稿 -

骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と「死者の日」を明るく過ごすメキシコ人。

だけど、アーティストButch Locsinさんが実践しているのは、伝統的なものとは少し異なったかたち。亡くなった人を称える伝統を受け継ぎながらも、お祝いの仕方をより豪快にしています。

死者の日を悲しむのではなく、明るく過ごす理由には、死をあざ笑うためという説もあるのだとか。

去る9月にメキシコを襲った2回の大地震により、約500人の犠牲者がでたそうです。Butchさんのように盛大に祝うことが、多くの人の悲しみを吹き飛ばし、故人の冥福となるのかもしれませんね。

Reference:UNESCO
Licensed material used with permission by ADAM, Skeleton of color
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
牛が剣で刺されるサン・フェルミン祭りに対して、いくら400年続く伝統的な行事といえど、「動物を殺す様子を見せ物にしている」ということに、PETA(動物の倫...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。