「どう使ってもらってもいいですよ」サーマルのストール

60cm×160cmというサイズのコットンサーマルの布。

明確な用途を持った機能的なプロダクトの対極にある、“どう使ってもらってもいいですよ”という余白のあるプロダクトだ。

大きさや素材を考慮すると、春先のストールとして使うのがいいと思う。でも、シーンによってはブランケットやクロスとしても活躍してくれる。使い方は自分次第。そこにワクワクする。

そして、端っこのほうに工業製品っぽいプリントが入っているところがキモだ。首に巻いても、膝にかけても、テーブルに敷いても、このワンポイントが効いてくる。

価格も手頃だ!

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

〈KHATA(カタ)〉のストール。意外性たっぷりの色使いと高級感ある素材にハマってます。ネパールで製作されているということで、エスニックな空気感は漂わせつ...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
コインポケットもちゃんとあるし、カードと札を分けることもできる……なんて話はもはや当たり前か。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
とてもミニマルなデザインのショーツで、トラベル用として展開されている〈THE NORTH FACE〉の「TECH LOUNGE SHORT」。ニオイを軽減...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
愛知県大府市にある『PÂTISSERIE mimi(パティスリーミミ)』の「CRAFT CHOCOLATE ガーナ産 in パラチノース」です。少量生産で...
手仕事のあたたかみが感じられるマーケットプレイス「Etsy」で商品展開しているスーザン・チュさんが作るのは、足先にいくにしたがって明るくなる(オンブレ)、...
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!