「できるだけ使わない」を目指したアンチスマホ。

日々飛躍的な進化を遂げるスマホ。でも、

「こんなにたくさん機能があって、疲れちゃった」
「ついつい時間を無駄にしてしまう」

と思う人もいるかもしれません。

The Light Phone」は、インターネットから離れ、大事な人と電話で繋がることだけに特化したスマホ。現在はアメリカのみで使用可能ですが、きれいなビジュアルとシンプルな性能が魅力的、と話題を集めています。

コンセプトは
「できるだけ使わないスマホ」

Ffb15b80c080ad2216e0f296b00af92a6846036d

「Light Phone」は、電話機能のみにしぼった携帯電話。インターネット接続はなく、今や携帯電話用にはほとんど使われなくなった「2G回線」をあえて利用しているとか。

ポイントは、自分が普段使用しているスマホと電話番号を共有することができること。さすがにこれしか持たないというのは難しくても、併用ならぐっとハードルが下がるし、無駄にスマホを見ないで済みそうです。

画面表示も現在時刻と番号のみと、超シンプル。

B9f4492d6789aa78885ffb2f97c35072b179d94cB05f905d782b10067f4b4931cfe480f5859dc463

大きさはクレジットカードと同じサイズ。携帯していることを忘れてしまいそうなほどに軽量だとか。

デザインコンセプトは「できるだけ使用しないこと」。

A1b7114625cef6ce3a147d542eb87f697a19ae8a033d3acca968b247455bff8350db92528b730395

メールやメッセージのやりとりではなく、大切な人の声を直接聞くことの素晴らしさに、改めて気付くことができるかもしれません。

「僕たちには疑問だった」

22aff3699d06a216213b3a208db2882960f924f3

Light社のJoe HollierさんとKaiwei Tangさんのコメントは、こう。

「スマホもアプリも『僕らの人生をより良くする』という謳い文句を掲げているけれど、僕たちにはそれが信じられなかった。人と人をつなぐことは僕らの時間を奪うし、脆弱な人間の精神を簡単に蝕んで依存症にしてしまう。

必ずしもインターネットが悪だというわけではないんだ。世界中の人と繋がれるデバイスがあまりにも簡単に持ち歩けてしまうということに、僕たちは疑問を抱いた。過剰な繋がりから“オフになる時間”が必要なんだ。

それを、孤独や退屈と呼ぶ人もいるかもしれない。でも人の創造性を引き出し、素晴らしい仕事を成し遂げるためには、自分自身と向き合う時間が大切だと思う。

だからこそ僕たちは、可能な限り性能をそぎ落として『なるべく使用しないこと』を目的としたLight Phoneを作ったんだ」

9c995c2e5fd8657426c99e1fe01d85ca927e7e09

アメリカでは5月10日から販売が始まっている「Light Phone」。ホワイトとブラックの2種類で、価格は150ドル(約1万7千円)。

残念ながら、2G回線はすでに日本では使われていないため、回線の問題で利用することができませんが、ついスマホに縛られた生活を見つめ直したくなりますね。

Licensed material used with permission by The Light Phone
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
案外、むずかしいことじゃないかもしれません。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
独断と偏見でピックアップしました。
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
フェイクレザーを折りたたんで、2辺を縫い合わせただけ。それだけなのに、ちゃんと上品なルックス。約30枚の名刺やカードが収納できるという容量も十分だし、出し...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...