高層階?いやいや、これからは「平屋(ひらや)」の時代です

「永く使える、変えられる」をコンセプトに家作りをおこなう「MUJI HOUSE」が、5年ぶりに発表した新しいタイプの住まい──それが、同ブランド初の“平屋”となる「陽の家(ようのいえ)」だ。

雑木林のなかに建てられたモデルハウスは、まるでリゾートホテルのヴィラのような佇まい。最大の特徴ともいえる国産杉材の広々としたウッドデッキでは、ブランチを囲みながら団欒する家族の姿や、夕暮れにビールを飲みながら語らう夫婦の姿、のんびり1人で読書をする人の姿......さまざまなシチュエーションが思い浮かぶ。

外(庭)と内(家のなか)がシームレスに繋がる陽の家は、多様化する暮らしに寄り添う、変幻自在の一室空間を実現。また平屋であることから、都市部や郊外、別荘地まで、“建てる場所を選ばない”というところにも大きな価値がある。

そんな陽の家の販売価格は約1600万円(※床面積80.32㎡のプランでの税抜本体工事価格)。土地の安いところなら、2000万円台でマイホームを手に入れられる計算に。都会と田舎で2拠点生活を送る人のセカンドハウスとしての需要も念頭に入れて開発されたようだ。

「性能の良いただの箱」を追求したMUJI HOUSEがたどり着いたのは「平屋」という理想の家のカタチ。働き方改革が進み、ワークスタイルとライフスタイルの価値観が多様化する今、陽の家のように自由度の高い家が求められているのかもしれない。

©株式会社MUJI HOUSE
©株式会社MUJI HOUSE
Top image: © 株式会社MUJI HOUSE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
 “Live with Nature.”を提案するライフスタイルブランド「SANU」は、“自然の中に滞在し、遊ぶためのもう一つの家を提供するサブスクリプシ...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
ジャカルタから少し南にあるこの家。2006年より政府の住宅プロジェクトとして未来の住むこと、働くこと、誰かに会うことを考えて改築されてきました。人口が増え...
多拠点居住のニーズが高まりつつある現代では建築も多様化している。その土地の自然と融合する「SOL house」は、現代人の“自然と触れ合いたい”という欲求...
マレーシアのペナン・ジョージタウンにある高層ビル「コムタ」。ここで紹介するのは65階部分でおこなわれている、自信を超えるというのをコンセプトにした6つのア...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。