北欧らしい!「未来の車」がとってもミニマル

これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。

スカンジナビアのデザインスタンダードと言われている、「Less is more(少ないは豊か)」を体現したミニマルなデザイン。効率化を追求すると、これだけシンプルなつくりになるのだとか。

車体は、モーター付きの電動スケボーに部屋がついたような構造になっていて、ボディのほとんどは窓、シートはメッシュ。バッテリーの消費量やコストを削減するために、最小限の素材で軽量化を突き詰めてつくった結果だそうです。おもちゃみたいでカワイイですよね。

建物が密集している都市部の移動手段を想定しているため、これで充分、ということなのでしょう。乗ってみたい!

Top image: © 2018 Biomega SIN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
案外、むずかしいことじゃないかもしれません。
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。