家族旅行で「カリフォルニア ディズニー」へ。夫を説得するための口説き文句5つ

イチ男性として謝ります。

女性のみなさん、夫(彼氏)を説得して東京ディズニーリゾートに連れて行ってもらうのって、けっこう難しくないですか?人混みがイヤ、列に並ぶのがしんどい……いつも文句ばかりですみません。

ましてや、それが「海外のディズニーリゾート」なら、ハードルの高さは2倍どころじゃ収まらない。正攻法で口説いたところで、撃沈するのがオチでしょう。

そんな頑固な男性陣に「カリフォルニアならアリかも」と思わせる口説き文句を伝授します。順番に使っていけば、きっとどこかで山が動く!

01.
「ウォルト・ディズニーが完成を見届けた、唯一のディズニーランドなんだって」

「子供も大人も家族全員が楽しめる場所が必要だ」

ウォルト・ディズニーが壮大な夢として思い描いていたテーマパーク構想から、15年もの歳月を経て完成したのが、カリフォルニア ディズニーランド・パークです。ここは、彼自身が唯一完成を見届けたディズニーランド生誕の地。

当時から継がれるオリジナルアトラクションや、ウォルトゆかりのスポット、パレードなどが楽しめますが、中でも見どころはブロードウェイさながらの本格的なショー!

見習い魔法使いのミッキーと大勢のディズニーキャラクターたちが冒険の世界に誘うショーなど、超がつくほど豪華です。とくに「アナと雪の女王:ライブ・アット・ザ・ハイペリオン」というショーは、上映時間が1時間にも及ぶ大作です。

さすがは本場アメリカ、これだけでも十分に価値があります。

また、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの「ブエナビスタ・ストリート」は、大きな夢を抱いた若き日のウォルトが降り立った、賑やかでチャンスに満ちた1920-30年代のロサンゼルスを再現したエリア。

歴史的な電気トロリーから着想を得た「レッド・カー・トロリー」に乗車して、ここでしか味わえないノスタルジックな街並みを散策してみては?

02.
「待ち時間だって、ストレスじゃないよ」

東京ディズニーリゾートに対して、あまり前のめりでない男性の多くは、なんといってもアトラクションの待ち時間が苦手。ただし、同じ時間でも、カリフォルニアだと感じ方が異なるかもしれません。

見上げると、そこには西海岸ならではの眩しい太陽と青い空。風景だって、流れる空気感だって、開放感だって日本とは違います。ただそれだけで、気分が高揚します。

しかも、その先に待っているのは、ここでしか楽しめないアトラクションの数々。そう考えると、ちょっと気楽になったりしませんか?

03.
「もし疲れちゃっても、すぐホテルに戻れるから」

※写真はスイートです

2つのパーク、ダイニングやショッピングを楽しめるエリア、そして3つのディズニー直営ホテルのすべてが徒歩圏内。移動時間を気にしなくていいから、気が変わったとしてもフレキシブルに動けます。

これだけコンパクトだと、もし疲れが溜まってきたらホテルに戻って休憩すればよし。子どもがグズったときにも、気軽にホテルに戻れるのは嬉しい!

しかも、直営ホテルに宿泊すると、滞在中の毎日、2つのパークのいずれか1つに一般客よりも一時間早く入園できる「エクストラ・マジック・アワー」の権利も付いてくるというオマケつき。3つにはそれぞれ、ゲスト専用のプールもあるので、リゾートとしてのバケーション体験だってできますよ。

04.
「映画の主人公になったような体験ができるよ。
しかも、夏にはスター・ウォーズも!」

とにかく、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートには、映画の世界観をとんでもないレベルで再現したテーマエリアがたくさん。そのクオリティは、本当に自分が映画の主人公になったかと思えるほど。ここでしか味わえないものばかりです。

昨年6月には、『Mr.インクレディブル』『トイ・ストーリー』『インサイド・ヘッド』、そしてすべてのピクサー映画をテーマにした4つのエリアからなる「ピクサー・ピア」がオープンしたばかり。

他にも、世界でここだけの映画『カーズ』の世界が広がる「カーズランド」や、マーベル映画の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をテーマとしたアトラクションが人気を博しています。

そして、男性陣へのダメ押しがこれ。

2019年夏には、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに先行して、スター・ウォーズのテーマエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がついに誕生するのです!銀河のはずれにある惑星「Batuu(バトゥー)」でのファースト・オーダー軍と反乱軍との戦いというストーリー設定。さすがに、これはグッときません?

2つのアトラクションのほか、ギフトショップやダイニング、アルコールドリンクが飲めるバーだって登場するんですよ。

05.
「ディズニーの翌日は、大谷翔平くんの試合を観に行こうよ」

これまでの4つの言葉で山が動けば最高。ただし、それでも動じない強敵には、この言葉しかありません。

じつは、大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの本拠地「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」と「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」との距離は、たったの4km。車で10分ほどの近さなんです!

メジャーリーグ初挑戦となった昨シーズン、二刀流で本場をも沸かせ、新人王を獲得するほど大活躍した彼の試合が観れるとあれば、さすがに説得できるはず。

Top image: © Disney
『アベンジャーズ』初のテーマパーク「Avengers campus(アベンジャーズキャンパス)」がアメリカの「ディズニー・カリフォルニア」に登場!
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
ディズニーの公式ブログや公式YouTubeチャンネルで、本来ならディズニーパークでしか食べられないメニューのレシピが次々と公開に。チュロス、フレンチトース...
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
10月4日、米国内の25店舗の「Target(ターゲット)」内に本格的な「ディズニーストア」がオープンする。スーパーの一角にできるディズニーストアとはわけ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「Off-White(オフホワイト)」のアクティブウェアが人気必至!ジムやスポーツ用はもちろん、普段着使いしたいトレーナーやパーカーも!
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
東京・銀座に、美容目線で厳選したナッツ16種類を揃える専門店「美容とナッツの専門店 produced by Terra grano」が登場。専門スタッフに...
今月1日(火)、「味覇(ウェイパァー)」に新商品の青い缶がお目見え。エビにアサリ、昆布、オイスターなどを合わせた海鮮調味料だ。
「ディズニー」が食べ歩きの定番フィンガースナック「チュロス」のレシピを、なんと2年前にYouTubeで公開していたことが話題に。
米「ディズニー」が、同社の人気キャラクターや作品がプリントされたマスクを発売。人気キャラクターたちが描かれた、洗って再利用できる布製マスクだ。
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。