家族旅行で「カリフォルニア ディズニー」へ。夫を説得するための口説き文句5つ

イチ男性として謝ります。

女性のみなさん、夫(彼氏)を説得して東京ディズニーリゾートに連れて行ってもらうのって、けっこう難しくないですか?人混みがイヤ、列に並ぶのがしんどい……いつも文句ばかりですみません。

ましてや、それが「海外のディズニーリゾート」なら、ハードルの高さは2倍どころじゃ収まらない。正攻法で口説いたところで、撃沈するのがオチでしょう。

そんな頑固な男性陣に「カリフォルニアならアリかも」と思わせる口説き文句を伝授します。順番に使っていけば、きっとどこかで山が動く!

01.
「ウォルト・ディズニーが完成を見届けた、唯一のディズニーランドなんだって」

「子供も大人も家族全員が楽しめる場所が必要だ」

ウォルト・ディズニーが壮大な夢として思い描いていたテーマパーク構想から、15年もの歳月を経て完成したのが、カリフォルニア ディズニーランド・パークです。ここは、彼自身が唯一完成を見届けたディズニーランド生誕の地。

当時から継がれるオリジナルアトラクションや、ウォルトゆかりのスポット、パレードなどが楽しめますが、中でも見どころはブロードウェイさながらの本格的なショー!

見習い魔法使いのミッキーと大勢のディズニーキャラクターたちが冒険の世界に誘うショーなど、超がつくほど豪華です。とくに「アナと雪の女王:ライブ・アット・ザ・ハイペリオン」というショーは、上映時間が1時間にも及ぶ大作です。

さすがは本場アメリカ、これだけでも十分に価値があります。

また、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの「ブエナビスタ・ストリート」は、大きな夢を抱いた若き日のウォルトが降り立った、賑やかでチャンスに満ちた1920-30年代のロサンゼルスを再現したエリア。

歴史的な電気トロリーから着想を得た「レッド・カー・トロリー」に乗車して、ここでしか味わえないノスタルジックな街並みを散策してみては?

02.
「待ち時間だって、ストレスじゃないよ」

東京ディズニーリゾートに対して、あまり前のめりでない男性の多くは、なんといってもアトラクションの待ち時間が苦手。ただし、同じ時間でも、カリフォルニアだと感じ方が異なるかもしれません。

見上げると、そこには西海岸ならではの眩しい太陽と青い空。風景だって、流れる空気感だって、開放感だって日本とは違います。ただそれだけで、気分が高揚します。

しかも、その先に待っているのは、ここでしか楽しめないアトラクションの数々。そう考えると、ちょっと気楽になったりしませんか?

03.
「もし疲れちゃっても、すぐホテルに戻れるから」

※写真はスイートです

2つのパーク、ダイニングやショッピングを楽しめるエリア、そして3つのディズニー直営ホテルのすべてが徒歩圏内。移動時間を気にしなくていいから、気が変わったとしてもフレキシブルに動けます。

これだけコンパクトだと、もし疲れが溜まってきたらホテルに戻って休憩すればよし。子どもがグズったときにも、気軽にホテルに戻れるのは嬉しい!

しかも、直営ホテルに宿泊すると、滞在中の毎日、2つのパークのいずれか1つに一般客よりも一時間早く入園できる「エクストラ・マジック・アワー」の権利も付いてくるというオマケつき。3つにはそれぞれ、ゲスト専用のプールもあるので、リゾートとしてのバケーション体験だってできますよ。

04.
「映画の主人公になったような体験ができるよ。
しかも、夏にはスター・ウォーズも!」

とにかく、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートには、映画の世界観をとんでもないレベルで再現したテーマエリアがたくさん。そのクオリティは、本当に自分が映画の主人公になったかと思えるほど。ここでしか味わえないものばかりです。

昨年6月には、『Mr.インクレディブル』『トイ・ストーリー』『インサイド・ヘッド』、そしてすべてのピクサー映画をテーマにした4つのエリアからなる「ピクサー・ピア」がオープンしたばかり。

他にも、世界でここだけの映画『カーズ』の世界が広がる「カーズランド」や、マーベル映画の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をテーマとしたアトラクションが人気を博しています。

そして、男性陣へのダメ押しがこれ。

2019年夏には、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに先行して、スター・ウォーズのテーマエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がついに誕生するのです!銀河のはずれにある惑星「Batuu(バトゥー)」でのファースト・オーダー軍と反乱軍との戦いというストーリー設定。さすがに、これはグッときません?

2つのアトラクションのほか、ギフトショップやダイニング、アルコールドリンクが飲めるバーだって登場するんですよ。

05.
「ディズニーの翌日は、大谷翔平くんの試合を観に行こうよ」

これまでの4つの言葉で山が動けば最高。ただし、それでも動じない強敵には、この言葉しかありません。

じつは、大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの本拠地「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」と「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」との距離は、たったの4km。車で10分ほどの近さなんです!

メジャーリーグ初挑戦となった昨シーズン、二刀流で本場をも沸かせ、新人王を獲得するほど大活躍した彼の試合が観れるとあれば、さすがに説得できるはず。

Top image: © Disney
他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...