ローマから「馬車」を消す市議会の方針

ローマ市議会は、市内を走る「観光用馬車」を段階的に廃止する見通しだ。長年、続いていた「動物虐待か否か」の議論に終止符を打つ。

この馬車は「ボッティセル」と呼ばれ、観光客に人気のアクティビティのひとつ。アニマルウェルフェアに反することを主な理由として、市議会は廃止に舵を切る。まずは、馬車を操縦できる免許の新規発行を停止。いずれは、指定の公園や施設の敷地以外での走行を禁じる方針だ。

既存の御者には、希望すればタクシードライバーへの転職機会も与えるとしている。

これまで、市民から「馬車が道路をふさいでいる」などの意見も多かったという。イタリアでは近年、増加する観光客への規制が厳しくなってきていて、こういった市民の声も影響した条例なのだろう。

Top image: © iStock.com/JurgaR
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
先月30日、米ニューヨーク市議会で可決された条例は、市内のレストランや食料品店でのフォアグラの提供を禁止するというもの。
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。
「Fantasy Strollers」は子どもが乗れる馬車や宇宙船を貸し出すサービスを行っている。レッドカーペットやテーマソングも用意してくれて、パークの...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...