「週末だけ」じゃない!アクティブ女性のための「平日のKEEN」

「キャンプもバーベキューも好きだし、このブランドがアウトドアとかフェスで大人気だってことも知ってます」──。

そんな週末の「オフタイム」を屋外で過ごすアクティブ女子にこの秋オススメしたいのが、「KEEN」のシューズを使った「オンタイム」のスタイリング。

通勤時に試してほしいコーディネートからスポーティなシーンにマッチするスタイル、話題の居酒屋での“女子会コーデ”まで、平日ならではの「KEEN」の楽しみ方をご紹介します。

週の初めも足取り軽く!
「KEEN」を使った通勤コーデ

©2019 NEW STANDARD

休日にしっかりとリフレッシュしたつもりでも、やっぱり少しだけ気が重い一週間のはじまりの日......。

そんな「ちょっとだけ元気がほしい」とき、オフィスカジュアルなスタイルがOKな職場なら、こんなコーディネートがオススメです。

オフショルダーのカットソーで気分を上げたら、カラード(襟)シャツをインに合わせて、ちょっとしたビジネス感をプラス。

ボトムには薄手の生地のタータンチェックのパンツが◎。柔らか過ぎず堅くなり過ぎず、職場や職種を問わず、どんなロケーション&シチュエーションでもハマってくれること間違いありません。

こんな、ついついベーシックなローファーなどと合わせてしまいがちなコーデですが、アクティブ女子なら「KEEN」の秋冬の定番モデル「HOWSER II(ハウザー ツー)」をチョイスしてみては?

©2019 NEW STANDARD

カラーはトップスと同系色の「Cornstalk/Mazarine Blue」をセレクト。

サイドゴア仕様だから、朝の慌ただしい時間帯の脱ぎ&履きもラクチン。ナイロンアッパーは撥水性も高いので、秋の変わりやすい天候を心配する必要もなし。

また、履き口からシューズの内側まで配されたフリース素材が足元を優しく包み込んでくれるので、日に日に寒くなってくるこれからの時期、足先の冷えを防いでくれるというのも女子には嬉しい限りです。

カラバリは、落ち着いたトーンからちょっと遊び心の効いたタイプまで全9色(WOMEN)。メイン素材に上質で保温性の高いウール混のマテリアルを使用しているタイプもあり。

気分によって使い分けるもよし、職場の雰囲気に合わせるもよし、好みのコーディネートで楽しんでみましょう。

週中のジムの行き帰りも
かわいくアクティブに

©2019 NEW STANDARD

週の真ん中、自分にちょっとだけ“気合い”を入れたいタイミング。

ジムやヨガ教室への行き帰りだって、アクティブ女子なら気を抜けません。

お気に入りのブランドのカラフルなジムウエアに身を包んだら、ナイロンジャケットをさらっと羽織って、目的の場所まではウォームアップ代わりにちょっとだけ歩くピッチを早めて。

数時間前まで履いていたビジネスシューズのせいでキュっと縮こまった足をリラックスさせてくれる「KEEN」の「HOWSER II」は、こんなシーンにもベストマッチです。

©2019 NEW STANDARD

発色のいいコーデには、あえてソリッドな「Black/Steel Grey」をチョイス。

インソール(中敷き)には、履き続けてもクッション性が失われづらい特殊なポリウレタンを使用した独自機能「KEEN.CUSH」を採用。

型崩れしにくい形状記憶機能をもつ“メモリーフォーム”も搭載されているので、長時間履き続けても足を優しくサポートしてくれて、立体形状だから足の裏にしっかりフィットして歩き心地も最高です。

まるでリカバリーシューズのような履き心地は、ファッション性だけでなく実用度も満点。

きっと週の後半に向けての「元気」をくれるはずです。

週末まであと少し!
「居酒屋女子会」にはこんな一足

©2019 NEW STANDARD

週末に向けてのラストスパート......のまえに、ちょっと一休み。

話題の立ち飲み系の居酒屋で女子会なんていかがでしょう。「ヒールで立ちっぱなしは疲れるし、今日は気の置けない友だちだけだから」。

そんなシーンにオススメしたいのが、シンプルだけどちょっと小技の効いた、こんなコーディネート。

これからのシーズンにピッタリな秋っぽいカラーのニットに合わせるのは、細かなチェックがポイントの短めのラップスカート。

スカートをちょっとだけハイウエスト気味にセットしてアクティブ女子らしさを演出したら、足元にはこんな「KEEN」の一足を──。

©2019 NEW STANDARD

「HOWSER SLIDE(ハウザー スライド)」は、その独特なフォルムとファブリック使いが特徴のリラックスクロッグ。

まるでルームシューズのような、ウール素材のアッパーとフェイクファーのライニングのコンビ、そして脱ぎ履きしやすいスライド仕様は、見た目だけでなく想像以上にリラクシングな履き心地。

足の裏にフィットする立体形状のインソールだから、立ち飲みのお店で会話が盛り上がり、ついつい長居しちゃっても疲れ知らずです。

また、「KEEN」が誇る“壁や床にこすれても色移りしない「ノンマーキングラバーアウトソール」”を肴に、隣に居合わせたお客さんと「このシューズのソールって......」なんて会話が弾んで、またまた一杯なんてことも(笑)

かわいくて、やさしい──。そんな「HOWSER SLIDE」があれば、きっと週末まで乗り切れます。

©2019 NEW STANDARD

ウィークデイだからこそ試してほしい「KEEN」の「オンスタイル」。

さまざまなシーンにマッチする高いデザイン性はもちろん、その機能性&実用性は、週末のアクティブなアウトドア以外でも体感することができるんです。

そんな「KEEN」の注目モデル、アクティブ女子のあなたなら、どんなコーディネートで楽しみますか?

Top image: © 2019 NEW STANDARD
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
「KEEN」が「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」で販売したコラボレーションモデルと、参加者たちと一緒に作り上げたインスタレーションについてご...
オールシーズン履けるんだけれど、やっぱり夏が似合うと思う。〈KEEN(キーン)〉のUNEEKシリーズ。
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
女子力が高い人は男性からだけでなく、女性からも人気がありますよね。羨ましい限り…。ここでは、そんな女子力の高さに隠されたヒミツを探ってみましょう。たとえば...
女子力という言葉が使われ始めて、しばらく経ちますね。当初の使い方と比べると、最近の女子力という言葉の使われ方や認識に疑問をもつ女性もいるようです。「女子の...
見た目は草食系なのに、中身は肉食系な女の子。つまりは「ロールキャベツ」みたいな女性を指して、ロールキャベツ系女子。おしとやかな見た目とのギャップにドキッと...
世界的なファッションコンペでファイナリストに選ばれた女性デザイナー日原氏が考案する「重力を超えるシューズ」とは......?その才能と発想に世界が注目!
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
最近、モテる女子のキーワードになっている「うさぎ系女子」。うさぎみたいにキュートでもふもふ・ふわふわとしたイメージを持つ女性を指す言葉であり、見ているだけ...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
何をやっても他の女子よりうまくできないと感じる、女子力がない、「どうせ私なんか」とつい思ってしまうという「こじらせ女子」。そんなこじらせ女子にはどのような...
「サブカル女子」というジャンルにカテゴライズされる女子が増えてきました。サブカル女子とは「サブカルチャーを愛する女子」つまり、大衆的なものではない「マイナ...
最近よく聞く絶食系女子という言葉。どんな女性なのかイメージがわきますか。まさに、恋愛を経験したくない、恋愛はちょっと面倒だと考えている女性たちのことです。...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...