秋にピッタリ!アートなSNSイベント「Inktober」の楽しみ方

今年で10周年を迎える「Inktober」という“1ヵ月間イラストを描き続ける”企画が世界各国で盛り上がりをみせている。

毎年10月1日〜31日におこなわれるこの企画は、絵本やコミックの制作を手がけるJake Parker氏が自身のスキルアップのために始めた個人的なチャレンジだったが、今では全世界に広がり、アーティスト界隈では有名なイベントとなった。

Inktoberは、プロでも素人でも、絵を描いたことがない人でも、誰でも参加することができる。参加にあたり守るべきルールはたった4つだけ。

①インクを使って描くこと(日替わりのお題は公式サイトやSNSで公開されている)。

②SNSにポスト(投稿)すること。

③ポストする際は「#inktober」「#inktober2019」のハッシュタグをつけること。

④描き続けること。

10月も折り返しに差し掛かったが、途中参加したいという人は今日から描き始めてもいいだろうし、お気に入りの作風のアーティストを見つけたら、その人の1ヵ月チャレンジを追ってみるのもおもしろい。

Instagramで「#inktober2019」を検索すると、339万件を越えるイラスト作品を閲覧することができる(10月15日時点)。

芸術の秋、SNSを通じてアートに触れるという過ごし方はいかがだろうか。

Top image: © iStock.com/borisz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...