「帝人フロンティア」が、アニマルフリーのダウン「SAVE THE DUCK」を独占販売へ

「帝人フロンティア」が、イタリアのアパレルメーカー「SAVE THE DUCK S.P.A.(以下「セイブ ザ ダック社」)」との間で、アウターウェアブランド「SAVE THE DUCK」の日本における独占販売契約を締結。2020年秋冬シーズンより国内での販売を開始する。

「セイブ ザ ダック社」は動物愛護と環境保護を理念とし、サステイナブルな製品作りや廃棄漁網の回収に協力するなど、環境に配慮するアパレルメーカーとして高い評価を得ている。

動物由来の素材を使用しない「SAVE THE DUCK」の展開も、その理念に沿うもので、一部製品の表生地には、帝人フロンティアグループのリサイクル繊維が使用されている。

一方、帝人フロンティアも、事業・製品を通じたサステイナブルな活動を継続しており、環境に配慮した素材や製品の製造販売を積極的に推進中。一層の企業価値の向上のため、環境配慮型製品のさらなる展開を模索していたなかで、両社の理念や方針が合致したことから、このたびの独占販売契約締結に至ったという経緯がある。

ビジネス的な観点はもちろん、昨今問われている企業の社会的責任の観点からも、意義深いものになるのではないだろうか。

©帝人フロンティア(株)
©帝人フロンティア(株)
Top image: © 帝人フロンティア(株)
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事