「ありのままの自分」を愛することを教えてくれる「絵本」

2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。

そもそも“ボディポジティビティ(ボディポジティブ)”とは「痩せている=美しい」という類の考えを超えて、ありのままの自分の体を愛することを意味する言葉だ。

プラスサイズのモデルだけでなく、過去に過食症や拒食症を経験した人たちがこのようなメッセージを発信することで、数年前から欧米では大きなムーブメントになっている。体型を受け入れるとかではなく、もっと自己肯定感を高めようという文脈で。

さて、そんな考えを広めるための絵本を紹介した理由についてだが、じつはアメリカで初めての出版となったからだ。記事や動画、ドラマ、映画、役者など、自分の体に誇りを持つように訴えかけるメディアや人は存在していたものの、子どもに向けた絵本はなかった。

教育が大切だとは誰もが分かっていたはずなのに......。

『HER BODY CAN』は英語版のみでの販売となるので、日本に暮らしている人に向けて、“ぜひ読んでほしい”と伝えるのはちょっと無理があるかもしれない。でも、アメリカにはボディポジティビティを広めるための絵本が存在していることを頭に入れて、日本の街に目を向けると、じつにさまざまな発見があるはずだ。

「なんでこのアパレルブランドはフリーサイズしかないの?」とか「なんでムダ毛処理をすることが美しさにつながるの?」とか……。

日本もかなり変わってきているけど、もっともっと多様な価値観を前提にしたうえで、多様な人にアプローチをしてもいいんじゃないかな?って。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
フィンランドに暮らすSara Puhtoさんは、「ボディ・ポジティブ」をうたう写真やメッセージを日々Instagramに投稿しています。自分の体型を気にし...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
自分が生まれてきた意味「みたいなもの」を、ちょっとだけ考えちゃう。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
社会的な女性のイメージや他人の評価に流され、自分の体型にネガティブになるよりも、欠点も受け入れて、それを愛せる自分でいることのほうが、よっぽど健康的で自分...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
多くの人の心を鷲掴みにしているリアーナの「Fenty」が、人気に拍車をかけるような写真を公開しました。
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
世界中で愛され続ける「Barbie(バービー)」に、「白斑」のバービーやロングヘアのケンが登場。多様性や個性を反映させたスタイルが美しい!
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
「宇宙の香り」のシャワージェルが発売。宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服に付着する、フルーツのような香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベ...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
3月2日から世界20ヵ国で大人気の『ウォーリーをさがせ!』の衣装を着て撮影し、それが絵本に反映された、自分だけのウォーリーの絵本を作ることができる撮影会が展開。