「JAL」の新制服、注目はスタイリッシュな「パンツスタイル」

「JAL」は今年4月より新制服を導入した。

デザインのテーマは「Hybrid Modarn Beauty(ハイブリッドが生み出す、現代的な美しさ」

気になる女性客室乗務員の制服は、チャコールグレーをベースに、スタッフ、利用客から長年愛されてきたJALのコーポレートカラーである赤を差し色に採用。“らしさ”を活かしながらも、これまでになかった切り替えやリブ使いなどでモダンな雰囲気に。

さらに、バルーンスリーブ仕様のワンピースのほかにスタイリッシュなパンツスタイルも用意。スタッフの多様な働き方のサポートをはかる。

客室乗務員だけでなく、運航乗務員や整備士、地上での接客を担当するスタッフなど、多くの部門で導入がスタートした新制服は、再生ポリエステルを使用するなど、環境問題への積極的な取り組みもポイントとなっている。

新制服で彩られた機内で心地いいサービスを受けながら旅できるときが、一日も早くやってきますように......。

Top image: © JAL
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

深民尚が手がける「DIET BUTCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャースリムスキン)」が、ビックカメラ渋谷東口店のスタッフ制服を製作した。「...
「日本航空(JAL)」の新しい機内アメニティのデザインが発表された。手掛けたのは「小さな『!』を人に感じてもらうこと」をコンセプトとしたデザイン会社「ne...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
2020年10月1日から「日本航空(JAL)」は「Ladies and Gentlemen」のアナウンスを廃止した。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
「ヤマトホールディングス株式会社」が、さらなる「働きやすさ」と「環境への配慮」をコンセプトにデザインした新制服を発表。
2月4日(木)13:00発、「JAL319便」(東京(羽田)ー福岡)で日本初の国産バイオジェット燃料を国内線定期便に初めて搭載したフライトが実施される。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。