今度のハイナン航空の制服はオートクチュール系!?

中国の海南(かいなん)航空が、新ユニフォームのデザインを発表した。注目すべきはそのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。

パリ・クチュールウィークでお披露目

デザインを担当したのは、中国人のファッションデザイナーLaurence Xu。グレーを基調に、オリエンタルテイストでまとめられている。

女性がコートの下に身につけているワンピースは、ベースカラーの白に雲や波、神話の鳥など中国の伝統的なモチーフが描かれている。首元をすっきりと見せる立ち襟のスタイルはチャイナドレスのよう。

男性に目を向けてみると、マオカラーのジャケットの立ち襟りが凛々しい。こちらも、中国のテイストを現代風にアレンジしている。上下のスーツ、コート共に潔くグレーに統一。たっぷり目のダブルのコートを羽織れば、さながら東洋の紳士といったところだろう。

これまでの海南航空のユニフォームといえば、ネイビーを基調としたオーソドックスなデザインだった。しかし、「世界で最も有名な航空会社になる」という経営戦略の転換に合わせ、大胆にデザインを一新。お披露目が、パリで行なわれた「2017年秋冬パリ・オートクチュール・ウィーク」のランウェイということからも力の入れようが分かる。

国内線・国際線両方で採用されるようなので、海南航空を利用するチャンスがあれば優雅なユニフォームを目にすることができるだろう。

今回の記事内写真は、西洋人モデルを中心としたものだが、中国人のクルーたちがどんなふうにこの制服を着こなしているかは、ぜひ自分の目で確かめたいところ。次の旅では、そんな楽しみ方も踏まえつつ、プランを立てて見てはいかがだろう?

Licensed material used with permission by Hainan Airlines Holding Co.
深民尚が手がける「DIET BUTCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャースリムスキン)」が、ビックカメラ渋谷東口店のスタッフ制服を製作した。「...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
2019年8月28日、米ユナイテッド航空がマイレージの有効期限を取り払うと発表。この決定により、ユーザーは貯めたマイルを一生涯使えることになり、ユナイテッ...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
池袋駅の北口エリアに「新華僑」が誕生させた「池袋チャイナタウン」の実態とは?
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。