とにかく手軽!な「おうち燻製機」

「自宅で燻製作り」なんて、夢のまた夢だと思っていた。しかし、それを実現できるマシンが登場。しかも、超がつくほどお手軽

自宅で簡単に燻製体験が楽しめる「IBUSIST燻製機」。とにかく従来の燻製機の手間をいっさいがっさい排除した、画期的な仕様からまずはご紹介。

©Makuake

一般的に燻製機といえば、岡持ち(出前機)のような大型の専用ボックスのなかにチップを大量に仕込んで、数時間かけていぶしていくというスタイル。あるいは、フライパンに網をしいてフタを被せ、換気扇をフル稼働して……やりたいけど、なかなか現実的ではなかった「おうち燻製」。

ところが、「IBUSIST燻製機」はどうか。

©Makuake

①シリンダー内にチップを入れて電源オン。

©Makuake

②チップに火をつける。あとはチューブからスモークが出るのを待つだけ。以上!

面倒なセッティングも手間のかかる後処理もほとんどなし。おまけにスモーク量は3段階に調整ができる。600gのコンパクト仕様USBチャージでインドア、アウトドア問わず使えるというんだから、もはや最強レベルでは?

応援購入サービス「Makuake」でプロジェクト開始12時間で700万円の支援が集まったことからも、注目の高さがうかがえる。

本体マシン、燻製ドーム、燻製チップがセットになって1万9260円(税込)はかなり現実的。ファインダイニング気分を自宅でもいかでしょう?

©Makuake
©Makuake

『IBUSIST燻製機』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/ibusist

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。
ビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」のごはんは、きっとビールと相性抜群なはず!そんな“ブルーパブごはん”を自分で再現。今回は「燻製スパムのゴーヤチ...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
近年、アウトドア好きや料理好きに人気を博している「燻製」。チップや専用のグッズを買ってくる必要があると思いきや、そんなことはありません。お茶を飲んだ後の「...
あのスモークサーモンが自宅でつくれるなんて…。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...