故ギンズバーグ判事に敬意を表して「パワーパフ ガールズ」がイラストを投稿

9月22日、日本でも人気を博した「パワーパフ ガールズ」の公式Instagramアカウントが、故ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏に敬意を表して、オリジナルのイラストを投稿した。

ギンズバーグ氏は18日に逝去(享年87歳)。アメリカ合衆国最高裁判所の史上2人目の女性判事で、女性やマイノリティの権利を擁護することから、同国に暮らす若者から絶大な信頼を置かれていた。

「パワーパフ ガールズ」の公式Instagramアカウントは、リゾオークワフィナゼンデイヤなど、Z世代から人気を集める著名人をキャラクター風イラストに落とし込み、定期的に投稿している。ほかにも、グレタ・トゥーンベリメイ・ジェミソンといったエンターテインメント界に関わらない人物にもフォーカスを当てているのが特徴だ。

……という流れがあり、「パワーパフ ガールズ」は故ギンズバーグ氏を讃えることに。「あなたの疲れを知らない努力と献身のおかげで、擁護された権利とともに生きることができています」ともコメントしている。

日本とアメリカの政治などに対するスタンスの違いを感じられる意味でも、これは興味深い投稿かもしれない。

Top image: © Gilbert Carrasquillo/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事