『千と千尋の神隠し』が舞台化。2022年に公開!

「スタジオジブリ」の名作『千と千尋の神隠し』が、東宝創立90周年を記念してはじめて舞台化2022年2月より「帝国劇場」にて上演を開始する。

演出と翻訳を手掛けるのは、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』などを生み出してきたイギリスの演出家、ジョン・ケアード。宮崎駿監督の作品の大ファンであり、「すでに『千と千尋の神隠し』に千時間を費やしていますが、これから費やす幾千という時間も楽しみでなりません」と興奮のコメント。

気になる俳優陣は、主人公の千尋役はダブルキャストで、橋本環奈上白石萌音が演じる。そのほかは未発表のため、ジブリキャラクターのなかでもトップクラスの人気を誇るハク湯婆婆カオナシといったユニークな登場人物たちの配役の発表が楽しみだ。

八百万の神々の世界へどう迷い込ませられるのか……公開が待ちきれない!

舞台「千と千尋の神隠し」
【上演期間】2022年2~3月
【公式サイト】https://www.tohostage.com/spirited_away/

Top image: © スタジオジブリ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事