あの「バルミューダ」がスマートフォン事業への参入を発表!

2003年に東京で設立された日本発の新興家電メーカー「BALMUDA(バルミューダ)」

トースターの概念が変わるといわれるほどの「BALMUDA The Toaster」をはじめ、「TABI LABO」でも紹介した「コードレスホバー掃除機」「360°に広がるワイヤレススピーカー」など、高い機能性をもちながら、その洗練されたデザインの家電が人気を集めている話題の企業だ。

そんな「バルミューダ」が、このたび新たな方針を明らかにし、話題に。

なんと......携帯端末事業に参入するというのだ。

© balmuda/Twitter

「バルミューダ」の企業理念は「卓越した創意工夫と最良の科学技術によって、どこにもなかった素晴らしい方法を創出し、人々の役に立つ」というもの。

公式プレスリリースでは「これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験驚きを提案していきたいと考え、当社として新たなジャンルとなる本事業へ参入するものです」と考えを示している。

また、同社は自社工場を保有していないため、製造の委託を「京セラ株式会社」に、キャリアに関しては「ソフトバンク」が独占で販売をおこなうとのこと。

まだ全貌に関しては明かされていないが、“驚きを提案”という言葉があるように、同社ならではのユニークなスマートフォンを期待していいのではないだろうか。

Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事