くらしのひらがな

僕自身も痛感していることなのだけれど、いくら座学したところで、“生きた英語”の習得には結びつきづらい。日常で使い続けてはじめて、本物の英語力が手に入るとい...
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
多様性が受け入れられやすい時代になってきた。「就活」事情はどうだろう?
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、Instagramに投...
この子たちに、勝てる気しない。たぶん、ぜったい、一生。
なんかちょっと、変なんだけど。
あこがれの街。
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
9月13日、「無印良品」で住宅を専門に扱う「MUJI HOUSE」から5年ぶりに登場した「陽の家」。陽の家はMUJI HOUSE初の平屋タイプの家だ。「性...
一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノ...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...