スマートホーム

先鋭的でアイコニックなデザインやさまざまなコラボアイテムなどの展開を続けるブランド「Off-White(オフホワイト)」が、今度はホームグッズの展開をはじ...
気軽に楽しめるけど、こだわり次第で何倍も楽しくなる「ホームパーティ」。テーマを決めたり、みんなの好きなものを持ち寄ったり、色々なスタイルが楽しめます。鍋パ...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
「Kickstarter」に登場した、世界一スマートなデジタルメジャー「Bagel」。まず、測定法が3つ。1つ目はストリング式と呼ばれる定番の巻尺、2つ目...
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
「スマートホーム」とは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念。家電製品を情報化配線等で接続、制御することでエネルギーの最適化を図り、快適なライフス...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
おばあちゃんと孫ほど年齢差のあるこのふたり、ちょっとびっくりするような共通点があります。じつは、同じ老人ホームに「住んで」いるんです。 「老人ホーム」と聞...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
壁コンセントの真ん中をモジュール型にして、様々な機能をプラスできるようにしたのが「Swidget」。使い方は、いたってカンタン。Swidgetの真ん中にモ...
ほっと、一息つきたいときにコーヒーやお茶を淹れる。その際、1杯分だけお湯を沸かすようなことって意外に難しい。目分量でやったとしても、ちょっと多めに沸かすは...
とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられて...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...