アメリカで売れすぎの「Smart Weather Stations」。自宅に設置するとこんなメリットが

「スマートホーム」とは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念。家電製品を情報化配線等で接続、制御することでエネルギーの最適化を図り、快適なライフスタイルを実現した住まいを意味します。

日本ではなかなか進まないと言われている本コンセプト。でも本場アメリカでは、このような製品がクラウドファンディングで資金調達に成功するなど、広く受け入れられている模様。

あらゆる気象情報を収集!

Bd74228deeb0dfc174cd4bdda418d806fdc57141

この「Smart Weather Stations」は、WeatherFlow Inc.が開発したもので、「SKY」「AIR」の2種類。

【SKY】

F54ea3d69de44f349e55e3587298869c5fddff85

「SKY」は、内臓されたセンサーでUV指数や風速、風向きを検知。

【AIR】

D4326fdd6975006d12cb505c320a02547ada9021

一方、「AIR」は気温、湿度、気圧を測定。

Ed253e34091f4fae13303961a534a6a61fa8ee67

前者は屋上など「空」の情報をクリアに読み取れる場所に、後者は気温上昇を避けるため日陰に設置します。

1896aaedc7d4a544dcdf20cbcfb413a94ec3b45e

収集したデータは、スマホやタブレットで確認が可能。

で、実際どう便利なの?

0284bfb930fbabffb87f21c8ea768e1351fa96fb

たとえば、そろそろ日焼け止めを塗るべき!とリマインドしてくれたり、

17b1dcd663cd0dc9c5080713d9e3740b9576bd89

雨が降っている時に、スプリンクラーをストップしてくれたり。

281a963290dcbc542d33a8a95ebe25c8fff87f0b

さらには、日が暮れるとライトが自動でオンになったり、

F89298befe80eff5051e84552dbe79e39cfc7731

風が強くなったら、ガレージを閉めてくれたり。

アメリカの大きな一軒家を想定していることもあり、現状では日本のライフスタイルに馴染まないものも。が、雨を感知して自動で洗濯物を取り込んでくれる、なんて機能があると便利そうですよね。

ちなみに、本製品の資金調達率は、目標金額に対してなんと1,100%以上とのこと!

Licensed material used with permission by WeatherFlow Inc
卓球は、比較的誰でも楽しめるのが魅力のスポーツ。少し大きめのテーブルとラケットがあれば、「なんちゃって」で遊ぶことだってできるでしょう。そんな「お遊び卓球...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。人...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
事故を軽減しようと、最新のテクノロジーを駆使して、これまでにない横断歩道を開発しているのはUmbrellium。まだ試作品ということだが、歩行者に合わせて...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
まるで魔法使いになったかのよう!…とは言いすぎかもしれませんが、近未来を感じるのは確か。以下たった2枚のGifアニメだけで、その便利さをある程度理解しても...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
テレビや冷蔵庫、炊飯器など、特に家電に目立つのが、機能が多すぎて結局ほとんど使わないっていうオチ。それなのに最新テクノロジーが満載だったりするから、価格は...