【アクションカムとクリップで】これからの新しい旅「CLIP ON TRIP」

旅先で撮影した写真や動画の数々。もちろん、どれも大切な思い出なんだけど、見返してみると案外同じような撮り方だったり、壮大な風景もイマイチ伝わりづらかったり、自分たちもカメラ目線での「ハイチーズ」的なキメ顔で似たような表情だったり…。
でも、ここで紹介するSonyのアクションカム&クリップは、今までのものとはまったく違う旅の思い出を残せるカメラ。コンパクトなサイズは、持ち運びに便利だし、防水・防塵でシーンを選ばないのも旅向き。なによりも、色んな場所にクリップすることでこんな動画や写真が簡単に撮れちゃうんです!

今までと違う思い出を残す3つのコツ

01. 目線クリップ

風景を自分が見たままに
記録できる!

01_sony_actioncam_tabilabo

02. 自撮りクリップ

カメラ目線じゃない“自分たちの”
自然な表情まで残せる!

02_sony_actioncam_tabilabo

03. どこでもクリップ

アイデア次第で見たこともない
ドキドキするアングルに!

03_sony_actioncam_tabilabo

他にも便利な機能が盛りだくさん!

□ライブビューリモコンを装着すると、動きの多いシーンでも、撮影アングルを手元で確認・操作できる!

□広角最大170°!だから目の前の風景をダイナミックに映せる!

□GPS機能と連携して、旅先の位置情報と一緒に思い出を残せる!

これから旅に出るときには、Sonyアクションカム&クリップを持って、みんなと違う撮り方で思い出を残してみてはいかがでしょうか?

btn_idea_150511_16

btn_sony03_150831_01

btn_sony03_150831_02

btn_sony_lp_151117

btn_sony_lp_151117_02

Sponsored by Sony

他の記事を見る
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
もっとほしいのあったしな、これでもげんせんしたほうやで。
ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
まるで本物に見えるこれ、盗み食い防止用につくられたものなんです。お気に入りのポテチの袋を閉じておくときなんかに使える!と、ここまで言ったら、もうわかりますよね?
手元に置いておきたくなる、持ち歩きたくなる、靴べらなしでスポッと履けちゃう靴にも使いたくなる。
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。