史上最大!?メンバーが1,000人いるロックバンドのLIVEがヤバい

2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人くらいを思い浮かべるのが一般的ですが、ここに集まったメンバーは約1,000人!

彼らが演奏したのは「Foo Fighters」の名曲『Learn To Fly』でした。そのさすがの規模には、曲を知っているかどうかに関わらず圧倒されてしまいます。まるで夏フェスにいるかのような一体感。ぜひ動画で味わってみてください。興奮は間違いなし!

5f63fc7cfff88f01ad77b0ca0e266de5d82e992c58a2199d6886f69b14bfedca8107f940fa636415B82a4fe0663344f0a2ef493cb7c9027cd30492b0

1,000人全員がプレイヤー!

音楽好きにとって、野外で聴くロックといえば彼らの楽曲は外せません。そしてイタリアの街、チェゼーナに集まったのは1,000人の熱狂的な「Foo Fighters」ファンたち。

動画の爽快感につい興奮してしまう気持ちは音楽好きならずとも伝わってくるものがありますが、実はこのイベント、目的はこの街にバンドを招待することにありました。

7c2e81d62662a7c291b44d88f6cdf704ce29739fC85cf11fa7d9e00bfff03ca05af7c5d83cdf4242F79e3a5ecfeb29e937d543bed5e050c47f8fb89aCfeb0f7e80b57e967224814ee29613557859d2cd0ea3e6c718234345e17e003872e210a4ab2e3b180a148f332c11a6ab884ef5da226152f28f7c325dF302afbf511d923cef9aac327535ce489d1dee8d1f7753b933dae55c4655ce10ddea258c88ea1e7c22dc6b812ea155b898e88b1882ec1d8287507e7f000769f50b9ddbbbab284166454b52013658dfeb5c95bf0954be769f353858d4be1d76516dc155a6Ee144a36ca6a6bdbe9173f7488345e947843077b

「Foo Fighters」にも
届いた!

D5e9c934270344b00379f930485c3b877d3dfce9

演奏が終わり動画後半になると、主催者はこう語ります。

「この動画は世界中の多くの人に見られることになると思う。このイベントはたった5人のメンバーを招待するためのもの。『Foo Fighters』のメンバーだ。分かると思うけど、僕たちの国では、それはとても実現が難しい夢だ。だけど、情熱とクリエイティビティがあれば…。

今日ここで起きたことは、とてつもなく大きな奇跡だ。この1年間、早起きしてどうやったら成功するか頭を悩ませてきた。今日、1,000人が集まった。バラバラな土地から来た1,000人のロッカーだ。みんなこの1曲を演奏するために集まった。ぼくたちの願いはこうだ。『Foo Fighters』に、ここチェゼーナでライヴをして欲しい。みんな、音をくれ!」

Daf3b8022dc0802078863a395f3d28c297931957Ab56ff45b0e34788d87745b2948e97e01ed13478664f246dddcda8b31c0b34ff9b9fbbcb0ef52fae018ceacd9d8695334578f1107bb52c9e56071f0d7719db26837e398dea80315fbb98f9235f697e531012038d223da446cd31081c34a81ecf2ac0a26dC22552085e7aeddbad8162e1e0606d6ff1112fce8ff1a81e812b2e02bcc586416c6cea7a327c113a

最後には会場全体から「Foo Fighters」コールが。そして、その想いはメンバーたちにも伝わったようです。

これを見た「Foo Fighters」の公式Twitterアカウントからはイタリア語でこんなメッセージが。

「素晴らしい。チェゼーナ」

「また会おう。」

英「ガーディアン」紙の記事には、LIVEの後に登壇した彼のことが紹介されていました。どうやら彼は、ずっと「Foo Fighters」のファンだったそうですが、イタリアは経済も不安定で、チェゼーナはとても小さな街だったため自分の街にやってくることなんて一生ないかもしれない。そう思っていたようです。

本人は、普段から感情的ではないタイプで、泣くことなんてそうそうないのだそうですが、このイベントの後には子供のように大泣きしてしまったそう。嬉しくて感情が抑えられなかったと語っています。

いまだ彼の街にバンドがやってくるかどうかは不明ですが、少なくともTwitterのコメントを見る限り、その夢が叶う日も遠くないのかも。

好きなバンドを街に呼びたいという気持ちから起きた奇跡のライヴ。ぜひ彼らの街にもう一度奇跡が起こることを祈りたい!

Reference:The Guardian  , Rockin' 1000
 Licensed material used with permission by Mariagrazia Canu


YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
去る7月13日の「International Day of Rock'n'roll」にちなんで、音楽ストリーミングサービス・Spotify(スポティファイ...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
去る7月20日に、人気ロックバンド、リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンさんが亡くなってから早1週間。哀しみは癒えるどころか、日ごとにその喪...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...