THE NORTH FACE「手のひらサイズ」のダウンカーディガン

手のひらに納まるサイズ。でも、広げてみると、この通り!

goldwin_01

THE NORTH FACEの「WS ゼファーシェルカーディガン」。小さくたためるだけでなく、なかなか実力がある。

あらためて、これが付属のスタッフサックに収めた状態。「PERTEX QUANTUM®」(パーテックス・クァンタム)という超軽量ファブリックを採用することで、重量はわずか265g(メンズ/Lサイズの場合)に!  

その使い勝手は言うに及ばず。コンパクトなのは見た目だけじゃないのだ。

薄手なのに寒さを防ぐ
秘密とは?

goldwin_05ダウンカーディガンが秋冬のウエアとして市民権を獲得しつつある中、「WS ゼファーシェルカーディガン」は素材で他とは一線を画している。
まず、「WIND STOPPER®」(ウィンド・ストッパー)というファブリック。これは外からの寒風をしっかりと遮る働きがある。その上、余計な熱が中にこもらないので、冬場にありがちな汗ムレの心配もなし。
さらに中のダウンには、「光電子®」というあたたかさを生み出す素材を配合。肌から放射される遠赤外線(体温)を「光電子®」が受け止め、その熱を人体に戻して保温する。その防寒機能は、中わたに加えられた「仕掛け」にあるのだ。

マットで落ち着いた風合いで
上品な雰囲気に

生地の質感にも注目してもらいたい。ダウンウエアといえば光沢があるものも多い中、これはマットで落ち着いた風合い。
その上、袖や肩まわりのシルエットはすっきりとしているから、オフィスでも違和感なく着られて◎。一見、カジュアルでありながら、上品に着こなすこともできる。

一枚あるだけで
コーディネートの幅が広がる

goldwin_06「WS ゼファーシェルカーディガン」は、ただ寒さを防ぐというだけでなく、コーディネートの幅も広げてくれる。 ラウンドネックなのでYシャツやハイネックセーターの上に羽織れて、フォルムもすっきり。フロントはスナップボタンで開閉するから体温調整もしやすい。 goldwin_09シャツとアウターの中間に着ると、隙間を埋めてくれるから、普段ならフロントを閉じて着ていたコートやジャケットも、開けた状態で着ることができる。着膨れせず、スマートな印象に。 goldwin_10いつもなら重ね着の煩わしさを嫌がって薄着で我慢していたという人も、このダウンカーディガンのあたたかさ、そしてカラダに馴染むような感触を一度試してみて損はないだろう。

あたたかさの秘密は「光電子®」 btn_water_150423_14

Sponsored by GOLDWIN

BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
THE NORTH FACE初のカフェを併設都会とアウトドアが融合したコンセプトショップTHE NORTH FACE STANDARD 二子玉川〒158-...
アウトドアブランドTHE NORTH FACEとクリエイティブエージェンシーSherpas Cinemaによるコラボ作品を紹介します。雪の日の子どもたちの...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...