自慢話をする人の8つの心理ケースと対処法

一度つかまってしまうと、なかなか抜け出せないのが誰かの「自慢話」。面白ければ問題ないのですが、そうでない場合が多いのが困ったもの。相づちだけを打ちながら、ひたすら相手の自慢話が終わるのを待つのは苦痛ですよね。

自慢話をする人の心理をケース別に知ることで、上手な対処法を習得してみましょう。

1.お金や購入品に関する自慢話をする人

お金
購入した車の金額とか、投資でいくら儲けたとか、聞いてもいないのに話したがる人は特に男性に多いですよね。

男性にとってお金は社会的な信用のシンボル。

そのため金銭力を誇示することで、自分を大きく見せようとしているのです。

この場合、「すごいですね」と持ち上げるのは火に油を注ぐのは逆効果。

相手が口にする金額がどれくらいすごいのかピンと来ないといった表情で、カマトトを装うのがオススメです。

2.学歴や海外経験についての自慢話をする人

有名大学を卒業していることや、留学歴を自慢したがる人。

学歴自慢はあからさまではなく、会話に何気なく差し挟まれることが多いもの。

学歴のある人は教養があることが多いので、おおっぴらに学歴自慢をするのがはしたないことだという自覚はあるわけです。

それでも抑えきれないプライドがたまに会話に滲み出てしまう・・・。

あなたが学歴自慢に巻き込まれたくない場合はスルーしてもいいのですが、あえて「学部はどちらなんですか?」と拾ってあげることで、相手の思いがけない一面を知ることができるかもしれません。

3.家族自慢をする人は家族思いの表れ?

家族
年配の女性に多いのが家族自慢。息子や娘が有名大学や企業に入った、こんなに親孝行してくれる、等。

年配の女性が家族自慢をしたがるのは、家族が誇らしくてたまらないから、というだけではありません。

社会との接触点があまりないために、家族自慢を通して自分の存在を確かめる必要があるのです。

「それしか話すことがないんだな」と同情しながら聞くと、イライラせずに済むかもしれません。

4.有名な知人や有力な知人に関する自慢話

家族自慢と似ているようで異なるのが、知人自慢。働き盛りの若い人に多く見られる傾向があります。

有名な人や地位のある人とコネクションがあると自慢することで、自分に付加価値があると周囲に思わせたい意図が見え隠れします。

いわゆる「虎の威を借る狐」ですね。

すごい人と知り合いだからと言って、その人自身がすごいわけではないので、興味がなければスルーすればいいでしょう。

もしあなた自身もコネクションを作りたいのであれば、自慢話を逆手にとって「その人紹介して」と切り込むのもいいかもしれません。

5.過去の体験に関する武勇伝的な自慢話

栄光
年配の男性上司の武勇伝的な自慢話に捕まってしまうというのは、会社勤めの人なら誰にでもある経験ではないでしょうか。

「若い頃は俺も」というヤンチャ自慢は、もちろん自分を大きく見せたい心理のあらわれです。

そのため邪険にすると後がこじれてしまう可能性も。

一方的な自慢話を聞くのがつまらないわけですから、少しでも会話を面白くするために、「そのときはどういう気持ちだったんですか」など、細部を突っ込んで聞いてみるのも手。

武勇伝から何か学ぶことがあるかもしれません。

6.オシャレさんに多い、家についての自慢話

自宅のインテリアにこだわっている人、あなたのまわりにもいませんか?

北欧風やカントリー風等、趣味の世界をとことん追求している人たちは、周囲の人たちに自分のセンスの良さを認めて欲しくてたまらないのです。

そのため自宅に人を招きたがります。

家に招かれてインテリア自慢が始まったら、逃げ場はありません。

どうしても苦痛であれば招待自体を断ることです。

7.特技や得意なことについての自慢話

ピアノ
空手○段、ピアノのコンクールで入賞、○か国語を流暢に話せる・・・などなど、
特殊な才能や能力を持つ人たち。

こういう人たちは自分の話をするとき、自慢というより事実の列挙をしているつもりです。

そのため本人たちは、自慢話をしていると思われるのを嫌がります。

こういう人たちの話は知らない世界を知るいいチャンスなので、自慢話だと思わず積極的に聞いてみるといいでしょう。

8.自慢話をするのは、あなたに取り入りたいから

自慢話をする人たちの心理はケース別に異なっているものの、「自分を大きく見せたい」という欲求は共通しています。

相手はあなたに存在を認めてもらい、取り入りたいのかもしれません。

特に男性が女性に自慢話をするのは、あなたに気があって興味を持ってもらいたいからです。

あなたがその人に興味がある場合は、ある程度自慢話を聞いてあげるのもいいでしょう。

興味がない人の自慢話を聞くは苦痛でしょうから、ケース別に対処してください。

自慢話は、自分を大きく見せたい自己顕示欲が動機になる場合と、心の穴を埋めたい欲求が動機になっている場合の2つがあります。

あなたに自慢話をしてくる人がどちらのタイプなのかを見極めることで、人間関係を壊さず上手に自慢話に対処できるでしょう。

関連する記事

嫌味を言う人が持つ7の共通心理と対処法をご紹介。ぜひ参考に。
上から目線の物言いで他人を不快にさせる人。いつも他人を小馬鹿にした態度を取っている人…。人をバカにする人はいったいどんな心理で他人を見ているのでしょうか。...
歯に衣着せぬ物言い、誰にも媚びない、等身大のラッパー。こう表現すれば、間違いなくVince Staplesはその第一候補。決して自分を大きく見せない彼が“...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
あなたの知り合いの女子に「かまってちゃん」はいませんか?もしかしてあなたの彼女がそうだったりします?かまってちゃんと話していると、「この子は何を考えてこん...
空気が読めない人(KYな人)に共通する10の特徴と対処法をご紹介。是非参考にしてみてくださいね。
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
あなたの身の回りにも一人や二人は存在している、自分勝手な人。付き合いが浅いうちは気付かなくても、少しずつ自分勝手な人に振り回される回数が増えて困っている人...
この考え、実は日本人とも繋がるところがあると思う。
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
「人が怖い」そう思ったことはありませんか?人が怖いといった気持ちが強すぎて対人関係がうまくいかず、その影響が社会生活にまで支障をきたすものを「対人恐怖症」...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
人間長く生きていればさまざまなタイプの人間と出会います。職場や学校でミスや失敗を犯しても反省の色もなく、当の本人はどこ吹く風・・・。そんな生意気な後輩の指...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
自尊心が低いと自分に自信が持てず、周りを羨んで生きづらさを感じるもの。だけどそれはもしかすると、単に自分を過小評価しているだけかもしれません。正しい知識と...
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!
傲慢な人との付き合いは周りが大変。それが家族や上司といった身近な人の場合、距離を置くこともできません。そこで今回は傲慢な人と上手に付き合う方法をご紹介。傲...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...