セックスが怖いと感じているときに試したい7つの対処法

過去のトラウマが忘れられない、痛い思いをしたくない、妊娠したらどうしよう…など「セックスが怖くてできない」という悩みは、独身既婚を問わずによく聞かれます。

「こんなことを思うのは自分だけじゃないかな」と悩んでいる人は、どうぞ安心してください。特に女性にとってセックスは、体だけでなく心の準備も整って初めて受け入れられる行為。

彼のことが好きならできるはず、といった簡単なものではありません。どうしたらあなたの恐怖心を取り払うことができるのでしょうか。一緒に考えてゆきましょう。

1.怖い気持ちを、彼氏に素直に話してみる

気持ちを話す女性

あなたはもう「セックスが怖い」という気持ちを彼に話していますか?

セックスのことを話題にするなんて恥ずかしいかも知れませんが、2人がもっと仲良くなるために大切なことなので、思い切って話してみましょう。

話をする時は「こんな時に、こんなことを怖いと感じる」とできるだけ具体的に伝えるのがポイント。彼に嫌われるんじゃないか…と怯える必要はありません。

大好きなあなたからの大事な話だと分かれば、彼も真剣に耳を傾けてくれるはずです。そして、解決策を2人で考えましょう。

この時「私が怖いなんて思っちゃいけない」とか、「俺が下手なせいで…」など、どちらか片方が責任を感じるようでは上手くいきません。必ずふたりで解決できるように話し合いましょう。

2.アダルトビデオを彼氏と一緒に見て、イヤな行為を伝える

世の中に溢れているAVの内容には、非現実的なものも多くあります。男性の都合のいいように作られている映像である場合があることをまずお話しておきます。

相手の同意なしに精液を顔にかけられたり、膣内に異物を入れられたりなんてことは、常識はずれの行為です。

しかし、男性の方はAVの内容を「こうすれば女性は喜ぶ」と勘違いしていることも。映像をみて「こんなことしたくない」とショックを受けているのなら、彼と一緒にAV鑑賞をしてみては?

一緒に見ながら「これはイヤ」という場面を彼にも知ってもらいましょう。

3.彼氏がいる同性の友人に相談する

女性に相談する

セックスの経験が豊富な同性の友達に悩みを聞いてもらうのも良い方法。もしかしたら、友人から「私も最初はそうだった」と体験談を教えてもらえるかも知れません。

複数の友人とパジャマパーティーを開くのもおすすめです。昼より夜の方がオープンにもなれるかも。いつもは恥ずかしくてできない話でもスムーズに盛り上がれる可能性が。

1人で考えているとモンモンとしがちな悩みも、大勢でパーッと話せば気持ちが楽になりますよ。

4.自分を磨いてコンプレックスを解消する

毛深い、ブツブツがあるなど自分の体にコンプレックスがあって彼に裸を見られるのが恥ずかしいというあなたは、チャンスかも。早速自分磨きを始めましょう。

見られるのが恥ずかしい時は、恥ずかしくない体になる方法を考えましょう。ムダ毛の処理やお肌の手入れも、調べれば自分に合った方法がきっと見つかります。

そしてもうひとつ注意が。そのコンプレックスは、もしかしたら自分だけの思い込みということも。

ぽっちゃりめの柔らかい体が好きな男性は多いし、巨乳恐怖症だから胸は小さい方が好みという男性もいるものです。なかには毛深い方が興奮するという人だって。

あなたが気にしているところは、ひょっとすると彼にとって大きな魅力に見えているかも知れません。

5.痛いときはローションを試す

sex-scary-approach_127898816

いざ挿入となると痛くてできない、というあなたは、専用のローションやジェルなど潤滑剤を利用してみましょう。

あまり濡れない体質の女性が挿入の痛みを強く感じる悩みは、潤滑剤を使えばあっさりと解決することもあります。

痛みを我慢してはいけません。緊張して体がこわばってしまうのなら、深呼吸を試してみて。彼が挿入する前に息を吸い込み、入ってくる時に息を吐きます。

吸うより吐くを意識して、できるだけゆっくりと吐くようにします。吐き終わったらまた息を吸い、吐くときに挿入を進めてもらいます。

6.ひとりの時に体を触って練習する

「ひとりエッチ」をしていますか?自分の体を触って、どこを触ったら自分がどう感じるかを知っておきましょう。

方法はインターネットで調べるとたくさん出てきます。膣に自分の指を入れてみて、1本入れられれば今度は2本同時に入れてみて、徐々に慣らしてゆきましょう。滑りが悪くて痛みを感じるようならローションを使ってもいいかもしれません。

不潔な手で行うと思わぬトラブルが起きます。事前に必ず手を洗って、爪は膣内を傷つけないように短く切っておくようにしましょう。

7.もしかしたら病気かも…。
そんな時は専門医に相談

心配する女性

膣の入り口や奥にとても激しい痛みを感じるので挿入できない、というあなたは、もしかしたら病気が原因かも知れません。早めに産婦人科を受診しましょう。

恥ずかしがることはありません。産婦人科の医師にとってはセックスの悩みもよくあることなので、聞き慣れています。

どうしても抵抗があるなら女性の医師を捜したり、家から離れた場所にある医院を探してみましょう。

大好きな彼とセックスをすると、関係が親密になります。体と体のふれあいは、想像するよりもっと深く2人を結びつけます。

いくつか解決へのアイデアを紹介しましたが、やはり一番は彼と協力し合うこと。彼との心の結びつきを信じられれば、体の抵抗も徐々に減ってくるのではないでしょうか。

決して焦らず、時間をかけて仲良くなってくださいね。

ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
どういうわけか、パートナーとセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?付き合いたてや新婚の頃の気持ちのままで一生燃え上がれたらいい...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
心も体も満たされる、素敵なセックスって素晴らしい。でも、そんな経験ないけど…本当にできるの?と疑問に思っている女性も多いかもしれません。「Elite Da...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
セックスについて話すのは、なんとなく恥ずかしくて避けがちなもの。でもパートナーとオープンに話しあうことで、お互いにより良いものになると思いませんか?セック...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
どんなにカラダの相性がいいカップルにもいずれやってきてしまう、倦怠期。それを乗り越えるためには、いつもとは違うシチュエーションを試してみたり、セクシーな下...
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...