魔法みたいに、元気をもらえる「ハワイの言葉7つ」

ハワイに長く暮らしてきて、僕はハワイ語のすばらしさを実感しています。言葉一つひとつに意味が込められいて、感慨深いものばかり。そのなかから、元気が湧いてくる7つのコトバを紹介します。

E ala!E alu!E kuilima!

〈エ・アラ!エ・アル!エ・クイリマ!〉
さぁ、一緒に始めよう!
がんばろう!

重要な商談や大事なプレゼンの前日に、仕事仲間や部署の仲間同士で、メールやTwitterを通じて、こんな言葉を贈り合ってみるのもいいと思います。

「エ・アラ!エ・アル!エ・クイリマ!」

ハワイ語のいいところは、カタカナ読みでそのまま声に出して読めるところ。とくにスポーツをやっている方なら、気軽に使ってほしいですね。

E ho'ā'o no l pau kuhihewa

〈エ・ホアオ・ノ・イ・パウ・クヒケヴァ〉
チャレンジして、幻想をとっぱらえ!

どんなことでも、そこから逃げてしまうと、それは永遠にその人にとって「大変なこと」「心配ごと」のままです。

心配なことも、正面から勝負してしまえば、それはもう心配ごとではなくなります。「こんなこと、できるのかな?」と最初は誰もが心配になるのですが、チャレンジしてみると、これが意外にサクサクできてしまうもの。それが恐れや心配を消す一番の方法です。

Koa

〈コア〉
コアの木
勇気

コアはハワイ固有種の樹木の名前で、堅く、力強く、長生きで知られている植物。道具や武器、そしてカヌーにも使われました。コアには「勇気」という意味があります。いま旅立とうとしている友人がいたら、この「コア」という言葉を贈ってあげてください。

He makana puhi ana

〈ヘ・マカニ・プヒ・アウ〉
風は流れる

ハワイにいると、風に逆らうことなく生きたいと思うようになります。極端な言い方をすると、風に流されるがままに生きてみたい。そんな気持ちです。
「仕事のキャリアは自分で決めるものではなく、流れに乗った結果できあがっていくのだ」と言った人がいましたが、人生なんて、しょせん風まかせ。それがいい風なら、一緒に流れていくのもいいもの。いま、転機を迎えている人や変化を欲している人に、ポンッと背中を押す意味で贈りたい言葉です。

E ho'opiha i ka mākālua i'a

〈エ・ホオビハ・イ・カ・マカルア・イア〉
さぁ、お腹いっぱいになって

とてもハワイらしい言葉です。ハワイの人たちは、ホームパーティーやバーベキューをよく開きます。ホストの人は、ゲストには必ずお腹いっぱいになってほしいと考えています。

「おもてなしの国」ハワイですから、それは当然のこと。日本でも、家や仕事場などで、ちょっとしたパーティーを開催する際に、招待状代わりのメールに、こんなハワイ語をひと言添えるのも一興です。

Hiki mai ka mālie,a hiki mai no ka'ino

〈ヒキ・マイ・カ・マリエ、ア・ヒキ・マイ・ノ・カ・イノ〉
良いときも、悪いときもあるさ

人生には、良いときも悪いときもありますよね。誰にとってもこれは同じ。サーフィンをする人なら、波乗り仲間に贈ってもいい言葉。空模様も波も、あらゆる事象は瞬時に形を変えていきます。深くて、いい言葉ですね。そして、真実だと思います。

Nānā no moe

〈ナナ・ナー・モエ〉
夢を忘れるな

言いやすくて、かっこいい言葉。「ナナ・ナー・モエ」。
かわいらしい言葉の響きですが、その意味は強くて深いです。
「自分の夢をきちんと見なさい=夢を忘れてはいけない」。やはり、夢を忘れないことは大切です。

大人になると、だんだん現実を直視するようになり、「夢なんて無理だよ」という気持ちになりがち。でも、誰にでも可能性は常に無限にあります。みずから可能性を閉じてしまうのは、一番もったいないことです。

夢は、ずっと忘れないでいましょう。そして、その夢を叶えてください。

ハワイが教えてくれたこと
コンテンツ提供元:本田直之

「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
ハワイ語の特徴のひとつが、独特のやさしい語感と響き。それでいて、伝統と奥深さを秘めています。ここではハワイで古くから伝わる言葉のなかから、心を揺さぶる7つ...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。