「もう一度デートしたい」と思わせる「6つのテクニック」

初めてのデートが終わった時、女性から見て「ああ、もう一度デートしてみたいな」と思わせる男性には、いくつかの共通点があるようです。以下をチェックして、その日に向けてしっかり事前準備をしておきましょう!

01.
断られない誘い方を
知っている

デートが上手な男性は、女性の誘い方が上手なのではありません。デートプランのプレゼンテーションが上手なのです。「こんな場所があるんだけど・・・」と具体的に写真を見せたり、収集した情報をまんべんなく駆使することで、女性がその場所にいる自分を鮮やかに想い描き、気づけば行きたくてワクワクしている・・・そんな誘い方ができれば、女性がデートに応じてくれる確率はグンと上がるでしょう。

02.
「明日は歩くからスニーカーで」
前日の連絡が丁寧でスマート

せっかくデートの約束にこぎ着けても、前日の夜まで何も連絡しないのは絶対にNG。特に女性はメイクなど準備が大変なのですから、待合せについてはなるべく早めに連絡を入れるべきです。場所は駅の名前だけでなく、分かり易いランドマークまで細かく明示するのはもちろん、「明日はちょっと歩くからヒールじゃなくてスニーカーのほうがいいかもね」とさりげなく細かい気配りができる男性はポイントが高くなります。

03.
「トレンド」と「定番」
のバランスがいい

女性が大好きなのはトレンドです。マメな男性はこれを絶対に押さえています。そして話題のスポットをさりげなくデートコースに盛り込むのです。カフェやレストラン、ショップ、テーマパークなど、彼らは月単位で変わるトレンドの情報収集を怠りません。「一緒に初めての体験を共有すること」、それが次のデートへと繋げる重要なポイントです。 一方で、少し距離が縮まったかな、というタイミングで自分の行きつけや隠れ家的な定番のお店に誘うことができる男性は、その幅の広さが一層魅力的に見えるのです。

04.
「迷ったときも慌てない」
デート中の移動がスムーズ

店から店への移動にもたついたり、道に迷ったりすると貴重な二人の時間を大幅にロスするだけでなく、想像以上に「頼りない印象」を女性に植え付けてしまうもの。目的地までの道筋を事前にチェックしておくのは大前提ですが、仮に道に迷ったとしても、そこでオロオロせずに地図アプリ等を効率的に利用できる男性は、逆に「頼りになる」というイメージを与えることができます。

btn_lement_160310_02

05.
デート中に必ず
サプライズと選択肢がある

いくら目的地を前もって決めていたからと言って、そこへ行って帰って来るだけではデートも味気ないというもの。ちょっと寄り道したショップや、休憩したカフェの雰囲気がすごく良かったりすると、そのデートの印象がグッと上がります。デート巧者はその寄り道さえもしっかりと仕込んであったりするのです。 そして、基本的には女性をグイグイとリードしつつも相手の好みや体調に気を配りながら選択肢を与えられる男性はポイントが上がります。例えば、「次のお店なんだけど、珍しいお酒が飲めるところと、卓球しながら飲めるところ、どっちがいい?」みたいな感じで。

06.
「え?まだこんな時間なのに?」
余韻を残して早めの解散

楽しいデートの時間はあっという間に過ぎ去るもの。意中の相手とのデートなら尚更です。でも、次に繋げることができる男性はここでグッとガマンができる人。もしデートが盛り上がったのなら、もう少し一緒に楽しみたいのは相手も同じです。ちょっと物足りないぐらいでスッと解散すれば爽やかな余韻とともに、女性の中で「また会いたい」という気持ちがグングン膨らんでいくのです。

プラン作成から道案内まで
デートがスムーズになる
無料のサービス『MapMark』

mapmark160322_03 デートの進行も、機能的なサービスを利用すればとってもスムーズになりますよ。例えば、無料サービスの『MapMark』なら使い方も超シンプルで簡単。PCやスマホでカフェのHPや口コミサイトを調べたときに、ついでに登録ボタンをクリックするだけでアプリが自動でお店の情報を抽出し、『MapMark』の地図上にそのお店の位置情報を登録してくれるのです。 住所や電話番号をわざわざ自分で打ち込む必要がないので行きたいスポットをストックするのもラクラク。街中で偶然見かけた気になるスポットもどんどん登録して、デートも余裕でこなせるよう、自分だけのオリジナルマップを充実させていきましょう。

その他にも便利な機能が充実

3

■定番のおでかけスポットもおさえられる
旅行ガイドブックでおなじみの「るるぶ」から「るるぶDATA」(©JTBパブリッシング)のスポットを約1万件収録。行く場所に悩んだり、自分で登録したお店近辺で二次会場所を探したりするときなど、慌てずに済んで助かりますね。

■ルートプランの作成もできる
一番シンプルにデートコースを作るなら、登録したスポットをいくつか選ぶだけ。自動でルートプランを組み立て、最短のドライブルートも表示してくれます。マップが充実すればするほど、デートコースの可能性も広がっていきます。

■方向音痴でも安心
スマホアプリから「エリア通知」の設定をしておけば、スポットに近づいたときお知らせしてくれます。これなら土地勘がなくても安心です。

デートプラン作成から当日まで、しっかりサポートする『MapMark』。まずはスマホにアプリをDL、次回のデートに備えてお店のストックを始めてみては?

btn_lement_160310_02

iOSの人はコチラ
Androidの人はコチラ

Sponsored by 富士通株式会社

Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えて...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
米国労働統計局によると、2011年にリテール産業に雇用されていた人々の数は約1,480万人で、これはアメリカの労働人口の10%近くを占めていました。そして...
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
あの人に会うとなんだか居心地がよく、晴れやかな気持ちになる…。そんな経験はありませんか。実はちょっとしたテクニックで、「また会いたい」と思わせることができ...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...
ここでは、少しニッチなデートサイトを紹介します。知ると、こんなものまで?と思うかもしれません。
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手...
ロンドン在住の同性愛者Ben Velzianさんは出会い系アプリ「Tinder」を介してTomさんとマッチング。Tomさんは軽い気持ちでBenさんに「初め...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。