あ、この人やばいかも…と思ったら。「Tinder」デート中のSOSを発信できる新機能

スタンダードになりつつあるマッチングアプリでの出会い。あるデータでは、日本人の3人に1人が利用したことがあるそうだ。

とはいえ、インターネットで出会った人とのブランドデートで怖い思いをしたなんて人も......。そんななか「Tinder」は、デート中に危険を感じたユーザーがSOSを発信できる「パニックボタン」を設定したとのこと。

「Tinder」を運営する「Match Group」が、緊急アプリ「Noonlight」とタッグを組んで開発した、この新サービス。ボタンを押すと、助けが必要かどうかというメッセージがユーザーに送信される。返信がなければ、状況が確認できるまでユーザーに電話をかけ続けるという徹底ぶり。応答がない場合は、GPS機能を使って自治体の人を現場に派遣するのだとか。

使い方は「Noonlight」をダウンロードするだけ。「Tinder」ではないまったく別のアプリからボタンを押すので、「デート中に別の相手探し?」と不審がられることもない。

さらに、デートの日時や場所を設定すれば、友人と位置情報共有することも可能。

アメリカではすでに実装されており、2020年末までに同社が運営するほかのマッチングアプリでもこのサービスをスタートするそう。

なお、同社CEOは「出会い系ビジネスは、お母さんになったつもりでしなければならない」と話している。やさしい気持ちで見守って。

Top image: © iStock.com/Dilen_ua
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
9月12日より3週連続、ソーシャル系マッチングアプリ「Tinder」が新感覚の体験サービス「SWIPE NIGHT」を提供することを発表した。
「Tinder India」がYouTubeでCMを公開した。そのCMでは、感染症対策を講じたうえでの新しいデート方法が提案されており、「今っぽい!」と話...
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
イギリスに暮らすKimberley Latham-Hawkesfordさんが経験した出来事です。
4月2日、世界最大級のライフスタイルアプリ「Tinder」が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、多くの国や地域で外出自粛要請などが出...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...