ビジネスシーンでも大活躍!本格的なウォータースポーツから生まれた「Stream Trail」が注目を集めるワケ

突然、雨にやられてバッグの中の資料がビチョビチョになっちゃった…。そんな経験、誰でも一度はあるはず。「防水バッグにしておけば良かった」とは思うものの、実際世の中にたくさん出回っている「ウォータープルーフギア」の実力の違いって分かりづらいものですよね。

アスリートも愛用する
「Stream Trail」ってなに?

160428_st_002フライフィッシングとカヤックという2つの本格的なウォータースポーツから生まれたブランド「Stream Trail」は、どんな過酷なフィールドでも対応できるように作られていて、特に防水性は圧巻。サーフィンやビーチバレーのプロ選手たちもその機能には太鼓判を押すほどです。

バッグはただ物を入れて運ぶだけのものではなく、ギア(道具)の一つである、という信念に基づいているので、防水加工や気密性にはこだわりつつも、普段使いに馴染む仕様になっているんです。

オン・オフ問わない
質とデザインの両立

160428_st_004シンプルなデザインから生まれる、高い収容力と利便性も「Stream Trail」の魅力のひとつです。ターポリン素材に赤や黄色の原色が多いのは救命バッグからその歴史が始まっていることに由来しているのですが、実はタウンユース用のシックなターポリンを使い始めたのは、「Stream Trail」が原点だそうです。

トラベルやデイリーユースにも使え、毎日のタフな相棒になってくれるでしょう。もちろん、そのまま週末のアウトドアに兼用しても大丈夫なのが、嬉しいところ。

Stream Trailを代表する
5つのシリーズ

Splash Defender(スプラッシュ・ディフェンダー)
アウトドアやスポーツシーンに必要不可欠な「ウォータープルーフ(防水)」に特化したターポリン素材のシリーズ。

Land Bridge(ランド・ブリッジ)
月に1回以上出張に行く人、年に3回以上海外出張がある人、1日に2回以上会議で移動する人など、実体験に合わせた様々なニーズから生まれた、ビジネス・トラベルシリーズ。

Amphibian(アンフィビアン)
透湿性機能のファブリックを使用することで、夏場にありがちな“バッグ内のムレ”を防ぐシリーズ。防水機能は持ちつつも、湿気を排出してくれます。

Robuster(ロブスター)
強度と高い防水性が特徴的なファブリックを採用した、ON・OFFどちらでも使えるマルチユースなシリーズ。特にこのバックパックは、1泊2日の旅の荷物でも十分収容してくれるはず。

Haw(ハウ)
ビジネスや旅行で世界中を飛び回る人たちのために、軽量かつ利便性の高いものを追求。シリーズ名は「Hopping around the World」の頭文字に由来しています。

中でも人気なのが・・・

160428_st_005そんな、数あるラインアップの中でも人気を誇るのが、防水耐水にフォーカスした「Dry Tank」シリーズ。特に、普段使いやちょっとしたレジャーにも最適な25Lは、その絶妙なサイズ感で、多くのユーザーに愛用されているそう。

タフさも使いやすさも
妥協したくないあなたへ

160428_st_003例えば、自転車通勤に使えるアクティブなバッグを求めている人や、機能的でシンプルなデザインのシティユースを探している人にとって「Stream Trail」はひとつの答えになるかもしれません。実際の商品は、ZOZOTOWNや東京・自由が丘にある直営店で購入することができます。

これからの梅雨対策や夏のアウトドアに向けて、一度チェックしてみては?

Sponsored by Stream Trail

〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
ウォータースライダーに観覧車の要素を取り入れるというナナメ上の発想。製作を手がけたドイツ企業「wiegand.maelzer」によれば、滑る人は無数の動き...
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
ファッションやアウトドアのシーンで人気の「サコッシュ」を超える勢いで話題となっている「チェストバッグ」。高い機能性と利便性、そしてなによりカッコいいスタイ...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...