「気持ちのON/OFFを切り替えたい」そんな時の意外なアイテムとは?

すべての働く人にとって、永遠の課題ともいえるON/OFFのスイッチの切り替えーその解決策のひとつとして提案したいのが、ヘッドフォンです。

意外? でも、音楽って気持ちを切り替えるのには最適だし、今はApple Music、AWA、スポティファイなどの音楽配信サービスも充実。スマホとワイヤレスヘッドホンがあれば、時間や場所を選ばずに、気合いを入れたり、リラックスしたり、集中したりできるのです。

日常でヘッドフォンを「手放せない」というフリーライターの一日を追いながら、使用シーンをチェックしていきましょう。 

Bluetooth
「ヘッドフォンで音楽を聴くと
アイディアが降りてきます」

フリーライターらしく、一日のはじまりは書店から。メールチェックや制作にいきなり入らずに、朝の時間に本棚に並んだ、書籍のタイトルチェックしながらの情報収集や一人ブレスト…ある種の朝活ですね。

そんな時に大活躍するのがBluetoothなんだとか。「探しているテーマに合わせて曲を聴く。コードがない分、自由に店内を歩き回れる。するとアイディアが次々に湧いてくるんです」

確かに、音楽と場所で心のスイッチは切り替わります。カフェでニュースサイトをチェックしたり、通勤時に一つ前の駅から歩いてみたり…ワイヤレスヘッドフォンを使って発想を拡げられるシーンは色々ありそうです。

Hands Free
「スマートに通話ができるのが
魅力です」

ある外出先で、片方の手にカバン、もう片方の手には資料…と両手がふさがっている状態。なのにスマホが鳴りっぱなし。急いでいる時に限って、やたらと多くの要件が舞い込んでくるのは世の常。とは言え、その慌ただしさはストレスそのもの。

しかも、通話相手が、やたらと話が長かったり、話している最中から脱線するタイプだったりしたら、自分のペースだけでなくスケジュールまでおかしくなってしまうことだってあります。それが、もし大切な取引先なら、なおさら重圧に感じてしまうのでは?

「ワイヤレスヘッドフォンのハンズフリー機能を使えば、両手がいっぱいでも平気なんです。歩きながら、打ち合わせもできます。何よりも自分の時間をストップさせられる状況から解放されるのは魅力ですよ」

こんな使い方…単純だけど技ありです。

Fashion
「ファッションを選ばないのが
ポイントです」

ヘッドフォンにおいて、案外と無視できないのが見た目。音響機器であると同時に、一種の“かぶりもの”の要素もあるわけで。いわば、ハットなんかとファッション的には同類と言えます。ゆえに、デザインはとっても大事な要素。

いくつかの失敗を経て、彼女が行き着いたのは、オーディオテクニカの『ATH-AR5BT』。「つけ心地もいいし、音もいい。という基本事項をしっかりクリアしつつ、シンプルなのでファッションを選ばないのがポイントです」

差し色のファッションアイテムとして彼女は、ビビッドなターコイズブルーをチョイス。ちなみにオーソドックスなスティールブラック、メタリックシルバー、ボルドーレッドも人気が高いカラーで、トータルコーディネイトで色を選ぶ人も多いらしい。

バッグの持ち手に、ネックウォーマーのように首もとに。ファッションの一部としてヘッドフォンをコーディネートしている洒落者、増えてます。

Hands Free
「スマホで音楽。
その途中で通話もできる」

打ち合わせ前に立ち寄った夕方のカフェ。ざわついた中でもヘッドフォンは、雑音をシャットアウトしてくれます。大事なミーティングに向けて意識を集中なんてことも、できるのです。

一方で、ちょっとしたすき間時間を見つけて、好きな音楽に浸ってリラックスするなんて使い方も。やっぱり、いつでも、どこでも、自分の思うままにON/OFFを切り替えられることって本当に大事なんですね。

「スマホで音楽の再生中、突然の電話がかかってきても、すぐにマイクで応対ができるのも大きなポイントです。また、このヘッドフォンを選んだのは、30時間以上の長時間再生ができるから」

「もう手放せません」と微笑みながら話す言葉に納得してしまいました。

Bluetooth
「音楽はクリアなサウンドで
途切れなく聴きたい」

彼女の一日の終わりは、英語のレッスン。海外留学を目指して、週二回ほどマンツーマンの英会話学校に通っているのです。それ以外の夜は、基本的には、自宅にて自主的に学んでいるとのこと。

「私のスピーチのコーチは、歌詞から英語を学びなさいと言います。できるだけクリアな音を連続して聴くのが一番の近道なのだと。だから、このヘッドフォンは強い味方なんです」

ワイヤレスヘッドフォンなら、部屋間を移動する時にも音が途切れません。しかも、密閉タイプであれば英語の発音だってはっきり聴こえる。だから、語学の習得という視点から言えば、最強とも言えるんですね。

「将来は仕事の拠点を海外にしたい」そう彼女が言い放った声は、力に満ちていて印象的でした。仕事だけでなく、プライベートも、さらには、学びの時間も…カバーできる。一台のワイヤレスヘッドフォンがあるだけで、あなたのライフスタイルだって、ワンランクもツーランクもアップするはずです。


 

今、ヘッドフォンには、Bluetoothだけではなく、ハンズフリー機能、ハイレゾ、長時間再生…など一日中どの時間帯でもストレスなく使える機能が求められていると言えます。また、多機能というだけではなく、ファッションアイテムであることもポイントなのです。オーディオテクニカの『ATH-AR5BT』は、それらの条件をすべてクリアするアイテム。あなたも、ワイヤレスヘッドフォンでON/OFFのスイッチの切り替えをして、もっとハッピーなライフを手に入れてみては?

『ATH-AR5BT』の新発売を記念して、11月26日と27日の期間限定でイベントが実施される。会場は、表参道にあるSO-CAL LINK GALLERY。実際にヘッドフォンに触れて、音を聴いてみよう。詳しくは、こちらまで。

雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
どこからどう見てもヘッドホンのマッサージ機の登場です。効果は、心臓や肝臓、肺機能を整えてくれるのだとか。
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。