フェスで見ず知らずの人と盛り上がれる服

もし、自分の感情を洋服が表現してくれたなら…。

それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「-A-C-T-」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合ったり、肩を組んだり、ハイタッチを交わすことでキラキラと光るという特徴を持っている。

これなら、フェスで見ず知らずの人とも盛り上がれるはずだ。多くの人とつながって、光の波を生み出せば、最高の思い出にもなることだろう。

音楽×ファッション
×テクノロジーの融合

この-A-C-T-を手がけたのは、ファッションテックデザイナーのOlga。デジタルツールを使った新しい服づくりに積極的に挑戦している1人だ。

今回の彼女の取り組みは、音楽フェスやイベントでもっと楽しむためにはどうすればいいかを具現化したもの。会場にいる人と人が触れ合うアクションを視覚化することに成功した。-A-C-T-を着用するだけで、誰もが、音楽、ファッション、テクノロジーが融合した未来を実体験できるだろう。

「いいね!」が見える服

「スマホの小さな画面に向かって、いいね!と押すのでなく、もっと身体で表現しようよ。もっと、この場をみんなで楽しもうよ」

Olgaの想いは、どこまでもシンプルだ。

確かに、僕たちはスマホによってとても自由になれた。しかし、1人でスマホに向かう時間が増える分、人間らしいコミュニケーションは減ってしまっている。

誰かと触れることでつながり、電流が流れ、服が光る。身体を使って「いいね!」が見えるというコンセプトは、大切な何かを思い出させてくれる気がするのだ。

ただいま
コラボレーション募集中

今後は場所、アクションの回数、時間などを記録して、人々がどの程度コミュニケーションを行ったかをデータ化して蓄積するとのこと。また、各イベントの「高揚指数」を測定できように技術展開していくようだ。

Olga率いるチームは、音楽フェスやイベント、スポーツ観戦などを舞台として、さらに強い連携体制を望んでいる。演出家、制作会社、広告代理店などとのコラボレーションも募集中とのことなので、興味のある人は、こちらへ連絡をしてみてはどうだろうか。

あなたのアクションが、スイッチとなり、未来を光らせることができるのだから。

制作協力:富士通クラウドテクノロジーズ / 撮影協力:デジタルハリウッド大学院 / 音楽:henlywork

Licensed material used with permission by Etw.vonneguet

関連する記事

ブルガリアの山中にある小さな村で開催される「Meadows In The Mountains」は、数日かけて開催される音楽フェスでありながら、ヨガやアーユ...
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
ロサンゼルスのクリエイティブスタジオ「Production Club」が提案している「Micrashell」のご紹介。これ、エンターテインメント産業向けに...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
チェコのフェス「Colours of Ostrava」。特筆すべきはその会場です。以前、鉱山や製鉄所があった場所なので、辺りには鉄骨がむき出しになった無骨...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
ビンゴイベントを主催する「Bingo Loco」。サークルや忘年会の内輪なノリを飛び越えて、クレイジーなノリで盛り上がれます。理由に挙げられるのは豪華すぎ...
大田区京浜島にて11月3日(日)「鉄工島フェス2019」が開催される。今年で3年目を迎える音楽とアートの祭典に注目!
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
ライブ配信型の音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL(ブロック フェスティバル)」が始動。Vol.0が本日20:00〜24:00にて「LINE LIVE...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。