どんなに保湿をがんばっても、「カサカサ肌」から抜け出せない理由

年齢を重ねるとともに避けられなくなる肌トラブルのひとつが乾燥肌。そのサインがあらわれたら、すぐに丁寧な保湿ケアを心がけたいところですが、そもそも保湿の意味や必要性をちゃんと理解しているって自信を持って言えますか?もしかしたら捉え違えている人が多いのかも、と思うんです。

その「保湿」、全然足りてないかも。

6136123474575360
じつは、保湿とは「お肌に水分を与えること」のみならず。外から水分を与えるだけでは不十分で、潤ったお肌の状態をそのまま維持できるようにすることなのです。
お肌は乾燥を感じると、バリア機能が弱まるだけでなく、ハリや弾力に必要なコラーゲンやエラスチン、基底膜までが破壊されてしまい、老化現象が進んでいくことがわかっています。
とにかく水分を入れようと安い化粧水を手やコットンで大雑把に叩き込んでも、ケアが十分ではないことも。肌そのものが潤いを保持する力を取り戻せるように、じっくりサポートしてあげないといけないのです。

肌の基礎力UPに
「正しい保湿」は欠かせない!

4845793429159936

20代前半までみんな同じようだったお肌も、30代前後から徐々に違ってくるのは、やっぱり潤いを保持する力にバラツキが出て、お肌の基礎力に差が生まれるから。

 「なんか前よりカサついてる?」「化粧ノリが悪いかも」など乾燥肌のサインがあらわれたら、「正しい保湿ケア」を早急に!いつまでもぷるぷるのお肌でいたいでしょう?

どんなケアをすべき?

お肌が潤いを維持できるよう保湿するには、様々な方法があります。誰でも始められるのは、保湿力の高い成分を含む基礎化粧品をとにかく丁寧につけること。

ただ単にパシャパシャするのではなく、最初は全体につけて、その後パーツごとに何度も馴染ませることが必要。想像以上にたっぷりつけないと、全然浸透していない!ってことにも。結構、根気がいりますよ。

4853072056549376

そこで頼りになるのが「フェイスマスク」の存在です。洗顔後にペタっとつけて約10分。この10分という時間、ゆっくり時間をかけて浸透させることができるのが大きなメリット。じーっくり、水分と美容成分の浸透をサポートしてくれます。

塗りムラやお肌への摩擦もないから、実は良いことばかりなのです。毎日の積み重ねのことを考えたら、こちらに軍配が上がりそうです。

本当に「毎日使える」フェイスマスクで
乾燥知らずのうるおい肌に

6133145317408768

だけどコストを考えたら、毎日使うのは現実的ではない?

そう思った人におすすめしたいのがこの『ルルルン』。女性の毎日のお手入れをもっと効果的に、もっと効率的にしたいという思いで開発されたフェイスマスクです。1枚あたりなんと約42円(※)という手頃さは、「毎日使ってほしい」という願いで実現されたもの。こんなに手軽に理想の保湿が叶うのだとしたら、かなりお得です。

しかもリニューアルした『ルルルン』は、独自開発の超極厚シートがGOOD!ゆっくりじっくり水分を補給できる「貯水層」を、「肌への浸透サポート層」でサンドした三層構造になっているから、たくさんの水分をお肌に届けることができるのです。

化粧水とフェイスマスクでは、使った後の水分量にナント最大65%の差が生じるとの実験結果もあるほど。こんな実力派だったとは知らなかったのではないでしょうか。これぞ、お肌の水分保持を助ける「理想の保湿」状態。『ルルルン』をおともに、保湿を見直してみませんか?

5007245410566144

※『ルルルン』バランスうるおいタイプ36枚入りの場合

暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
6/6から12日間だけ限定で、「キールズ」のポップアップがオープン!夏に大活躍してくれる人気の化粧水のお試しや、肌のカウンセリングの他、日替わりでイベント...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
長時間のフライトで疲れが溜まり、目的地に到着した時には見た目が酷いことに…なんてことはよくある話。でも、女性なら、いかなる時も美しくいたいものです。それな...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
「ナチュラシック」というボタニカルフェイスマスク。ボタニカルな美容液成分の良さもさることながら、肌触りや吸着度などが驚くほど素晴らしい。この、コスメ辛口の...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。