「仰向け習慣」とデコルテの不思議な関係

少しくらい大胆な胸元で、夏を楽しみたい。となると、肌はもちろん、デコルテもきれいにキープする必要があります。では、どのようにケアをしていくか?という部分ですが、「LittleThings」から、こんな記事を見つけました。

デコルテケアにはマッサージや保湿クリームなど、方法はさまざま。ライターAngel Changの場合「日々の睡眠の習慣からでも気をつけることができそう」と、ウェブ情報を集約し、寝るときの姿勢に着目。直接的な影響はさておき、日々の習慣から胸元をきれいにキープしておくことの大切さをあらためて。

胸元にシワをつくらないために

年齢を重ねても女性の魅力は花開いていきます。強くなり、賢くなり、そうしてまた、ライフスタイルが確率されて行くもの。誰だって健康でありたい。そのためには、睡眠から見直してみることです。

仰向け、うつ伏せ、横向きなど、人にはそれぞれ寝やすい体勢があると思います。ある研究によると、この寝る体勢が肌のシワや健康に、少なからず影響を与えているんだとか。

ここに紹介するルーティンは、なるべく仰向けで寝られるように習慣づけられる方法。この仰向けで寝ることが私のすすめる、肌にシワをできにくくする体勢。とくにデコルテ周りのケアに役立てるんじゃないかと。

さて、まず前もって言っておきたいことは、シワは年齢を重ねるにしたがって増えることは、ごく当たり前のことだということ。ただし、増える理由はそれだけではありません。急激なダイエット、紫外線からのダメージ、同じように寝る体勢にも。

例えば、横向きに寝ているとき、胸の横や谷間にもシワが増えますよね。そこで、ここからは専門家が推奨する仰向けで寝るためのハウツーを紹介していきます。

01.
両腕の下に枕をはさむ

普段から横向きや、うつ伏せで寝ている人にとって、向きを変えることは慣れるまで時間がかかるはず。そこで仰向けに寝ることを習慣づけるためにも、両腕の下に枕を置いてみることをおすすめします。肩と肘の関節を支えることで、寝返りも少しはしにくくなるはず。

02.
柔らかくかさのあるもので
カラダの両サイドを囲む

ちょっと圧迫感は出ますがカラダの両サイドにやや高さのあるものを立てて、左右を城壁のように囲んでおくというのも手。「LIVESTRONG」では、洗濯カゴを置いておくことを推奨していますが、さすがにこれではジャマでしょうから、たたんだ洋服や時季によってはコートなどでもいいかもしれません。

03.
膝の下に枕を挟む

仰向けで寝ると筋肉や関節がこわばって、よくつってしまうという人がいます。膝をサポートすることも忘れずに。枕をひざの間に通しておくと、足が自然と持ち上がり、血流もよくなります。さらには、背筋や背骨をまっすぐにしてくれることで、腰痛も軽減されますよ。

04.
タオルを首の下に支える

首が無理なく支えられるよう、枕で固定しましょう。巻いたバスタオルで代用するものアリ。また、マットレス専門メーカー「Sleep City Mattress」によると、仰向けで寝る人たちの中には、薄めの枕を使用する人も多くいるんだそう。

05.
低反発枕を使う

低反発枕は、主に背骨を支えるために使用する人が多いかと思います。頭から首あたりのコリをほぐすことで、上半身をリラックスさせることもできます。

06.
カラダに合ったマットレスの選択

仰向けで寝るためとはいえ、柔らかすぎるマットレスだと余計にカラダへのプレッシャーを与えてしまいます。腰や肩、関節あたりに余分な圧力をかけすぎては、血流を悪くしてしまい逆効果。

けれど、ベッドを全部取り替えようというのではありません。マットレストッパーを付け替えてみたり、自分のカラダに合ったものを選ぶことが大前提です。

07.
ナイトブラを使う

ChestSavers (チェストセイバー)」というナイトブラを知ってますか?スポーツブラを反対に着用したような形状で、デコルテ部分は、乳液やクリームの保湿を吸収しないようフリース素材でできています。

変わったブラジャーの形状をしているのには、両方の胸を引き離す効果があるようです。つまりは横向きには眠りにくい形状。こういったナイトブラを着用することでも、仰向きに矯正できるんじゃないでしょうか。

08.
それでも、保湿は忘れずに!

日々の保湿はとても重要で、よく寝る前に1回、朝起きてから1回という日課を推奨していたりします。必ずしも保湿がすべての解決策ではありませんが、それでもMayo Clinicが紹介しているように、やっぱり乾燥はシワの大敵で、肌細胞をしなびさせてしまう原因になるようです。

09.
脂っこい「夜食」を避ける

基本的なルールとして、脂っこい食べ物、甘ったるい食べ物、炭水化物を深夜に食べることはおすすめできません。寝る直前はとくに。

次の朝がとてもダルくなるだけでなく、急に食べ物を流し込むと一気に消化器系に負担をかけてしまいますよね。そういうところからカラダ全体に影響を及ぼし、健康にも、肌のハリにもダメージが増えるはずだから。

Licensed material used with permission by LittleThings
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
ホットヨガスタジオ「LAVA」とスキンケアブランド「Kiehl's(キールズ)」が初コラボ!今月17日から新発想の「ヨガ×スキンケア」動画を公開中。
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
「ファンケル」から保湿効果のある肌着やマスクの新シリーズ「着るモイスチャライザー」が、10月20よりオンラインストアにて発売される。
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
iHerb(アイハーブ)で買える、髪の日焼けダメージをケアできる「ヘアオイル」を3つピックアップ。太陽に照らされて痛んでしまった髪を集中ケアしていきましょう!
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
オーガニックエタノールを製造するメーカー「ファーメンステーション」から、美容成分が配合されたアルコールハンドスプレーが10月1日より登場する。
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...