「仰向け習慣」とデコルテの不思議な関係

少しくらい大胆な胸元で、夏を楽しみたい。となると、肌はもちろん、デコルテもきれいにキープする必要があります。では、どのようにケアをしていくか?という部分ですが、「LittleThings」から、こんな記事を見つけました。

デコルテケアにはマッサージや保湿クリームなど、方法はさまざま。ライターAngel Changの場合「日々の睡眠の習慣からでも気をつけることができそう」と、ウェブ情報を集約し、寝るときの姿勢に着目。直接的な影響はさておき、日々の習慣から胸元をきれいにキープしておくことの大切さをあらためて。

胸元にシワをつくらないために

年齢を重ねても女性の魅力は花開いていきます。強くなり、賢くなり、そうしてまた、ライフスタイルが確率されて行くもの。誰だって健康でありたい。そのためには、睡眠から見直してみることです。

仰向け、うつ伏せ、横向きなど、人にはそれぞれ寝やすい体勢があると思います。ある研究によると、この寝る体勢が肌のシワや健康に、少なからず影響を与えているんだとか。

ここに紹介するルーティンは、なるべく仰向けで寝られるように習慣づけられる方法。この仰向けで寝ることが私のすすめる、肌にシワをできにくくする体勢。とくにデコルテ周りのケアに役立てるんじゃないかと。

さて、まず前もって言っておきたいことは、シワは年齢を重ねるにしたがって増えることは、ごく当たり前のことだということ。ただし、増える理由はそれだけではありません。急激なダイエット、紫外線からのダメージ、同じように寝る体勢にも。

例えば、横向きに寝ているとき、胸の横や谷間にもシワが増えますよね。そこで、ここからは専門家が推奨する仰向けで寝るためのハウツーを紹介していきます。

01.
両腕の下に枕をはさむ

普段から横向きや、うつ伏せで寝ている人にとって、向きを変えることは慣れるまで時間がかかるはず。そこで仰向けに寝ることを習慣づけるためにも、両腕の下に枕を置いてみることをおすすめします。肩と肘の関節を支えることで、寝返りも少しはしにくくなるはず。

02.
柔らかくかさのあるもので
カラダの両サイドを囲む

ちょっと圧迫感は出ますがカラダの両サイドにやや高さのあるものを立てて、左右を城壁のように囲んでおくというのも手。「LIVESTRONG」では、洗濯カゴを置いておくことを推奨していますが、さすがにこれではジャマでしょうから、たたんだ洋服や時季によってはコートなどでもいいかもしれません。

03.
膝の下に枕を挟む

仰向けで寝ると筋肉や関節がこわばって、よくつってしまうという人がいます。膝をサポートすることも忘れずに。枕をひざの間に通しておくと、足が自然と持ち上がり、血流もよくなります。さらには、背筋や背骨をまっすぐにしてくれることで、腰痛も軽減されますよ。

04.
タオルを首の下に支える

首が無理なく支えられるよう、枕で固定しましょう。巻いたバスタオルで代用するものアリ。また、マットレス専門メーカー「Sleep City Mattress」によると、仰向けで寝る人たちの中には、薄めの枕を使用する人も多くいるんだそう。

05.
低反発枕を使う

低反発枕は、主に背骨を支えるために使用する人が多いかと思います。頭から首あたりのコリをほぐすことで、上半身をリラックスさせることもできます。

06.
カラダに合ったマットレスの選択

仰向けで寝るためとはいえ、柔らかすぎるマットレスだと余計にカラダへのプレッシャーを与えてしまいます。腰や肩、関節あたりに余分な圧力をかけすぎては、血流を悪くしてしまい逆効果。

けれど、ベッドを全部取り替えようというのではありません。マットレストッパーを付け替えてみたり、自分のカラダに合ったものを選ぶことが大前提です。

07.
ナイトブラを使う

ChestSavers (チェストセイバー)」というナイトブラを知ってますか?スポーツブラを反対に着用したような形状で、デコルテ部分は、乳液やクリームの保湿を吸収しないようフリース素材でできています。

変わったブラジャーの形状をしているのには、両方の胸を引き離す効果があるようです。つまりは横向きには眠りにくい形状。こういったナイトブラを着用することでも、仰向きに矯正できるんじゃないでしょうか。

08.
それでも、保湿は忘れずに!

日々の保湿はとても重要で、よく寝る前に1回、朝起きてから1回という日課を推奨していたりします。必ずしも保湿がすべての解決策ではありませんが、それでもMayo Clinicが紹介しているように、やっぱり乾燥はシワの大敵で、肌細胞をしなびさせてしまう原因になるようです。

09.
脂っこい「夜食」を避ける

基本的なルールとして、脂っこい食べ物、甘ったるい食べ物、炭水化物を深夜に食べることはおすすめできません。寝る直前はとくに。

次の朝がとてもダルくなるだけでなく、急に食べ物を流し込むと一気に消化器系に負担をかけてしまいますよね。そういうところからカラダ全体に影響を及ぼし、健康にも、肌のハリにもダメージが増えるはずだから。

Licensed material used with permission by LittleThings
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
6/6から12日間だけ限定で、「キールズ」のポップアップがオープン!夏に大活躍してくれる人気の化粧水のお試しや、肌のカウンセリングの他、日替わりでイベント...
明日からでも、やめましょう。
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
なんとなく、癖がついているその行動。じつは心に毒かもしれません。今回「Inc.」のライターNicolas Coleさんが紹介するのは、あなたを「ダメにする...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...