「この世にはまだかっこいいふんどしがないんですよ!」——ふんどし部、愛と自由を叫んだ夜

最近メディアへの露出も増えてきたので、ご存知の方も多いかもしれないが、ふんどし部という団体(正しくは会社)がある。

私が彼らに初めて会ったのは、今年の7月。渋谷・100BANCHのオープニングパーティーでのことだった。

100BANCHは、パナソニックの創業100周年を記念して構想された施設だ。ここでは若い世代を中心としたプロジェクトチームが募集されており、採用されたプロジェクトには、各分野の著名人がメンターとしてあてがわれる。1プロジェクトの期限は3ヶ月で、事前に提出した活動スケジュールにのっとり、目標達成を目指す。

2階のフロア「GARAGE」の壁に張り出された各プロジェクトの目標とスケジュール

「100年後の未来を豊かにする」というコンセプトのもと、食、観光、ビジネス、日本文化などさまざまなジャンルのプロジェクトが集った100BANCH。そんななか、異様な人だかりができていたブースがあった。その中心にいたのは……。

半裸の男...!?

彼こそがふんどし部のリーダー、星野雄三さんだ(ちなみに星野さんは通称「ふんどし筋肉マン」)。

彼らのプロジェクト「伝統下着"ふんどし"を『表現者のためのファッションウェア』として未来に伝える」は、かの落合陽一をメンターにつけ、「多様性」がコンセプトのファッションショーを開催する、という目標を据えた。プロジェクト期間中は、ファッションショーの企画立案、材料調達、空間作成などをこなしながら、同時にクラウドファンデングサイトMakuakeでもサポーターを募集。目標金額180万円に対して206万円が集まり、見事成功した。

ファッションショーのために用意された、ルックのスケッチ

そして10月29日、100BANCHにて、念願のふんどしファッションショー「FFF」が行われたのである。

ただ、今だから言おう。
私はその日まで、彼らについて、実はさっぱりわけがわからなかったのである。笑えばいいの? 引くのが正解なの? 真面目にやろうとしているのだろうけど、笑わせにかかっているようにも見えるし。だって、

これとか、

これとか。

100BANCHのプロジェクトブースで会った人たちは、そのほとんどがわかりやすく秀才っぽくて、真面目で、論理的だった。けれど、ふんどし部はなんか違う。でもプロジェクト概要読んだら東大卒って書いてるし。わけわからん!

というわけで、そのときは「TABI LABOさん、なんかおもしろいことやりましょうよ!」と堂々たるふんどし姿(そして鍛え上げられた肉体)で迫ってくる彼に、「あ、は、はい…」とコミュ障ばりの返答しかできなかったのである。

ふんどし部に対して、そして彼らが広めようとしているふんどしという文化に対して、私はどう折り合いをつければいいのかわからないまま、ファッションショーの開催地・100BANCHへと向かった。

ランウェイが
ふんどし!!

19:00、ふんどしを模した赤いランウェイに、和太鼓が鳴り響く。シリアスな面持ちで腕を組み、仁王立ちする代表・星野さん、そして、プロジェクトメンバーであり「ふんどしやさしいマン」の異名をもつ野田貴志さん。会場は、まるで決戦前のような気迫に包まれる——いや、「ような」ではなく、これは戦いなのだろう。でも、何の?

そして、ファッションショーが始まった。
まず登場したのは、私たちが「ふんどし」と聞いて思い浮かぶような、和風なルック。はっぴや甚平とミックスされ、おちょぼ口のリップメイクや、フォックス・マスクといった小道具で、ふんどしが引き立てられている。

この序盤に出てきたスタンダードなイメージに、もしかすると「あ、予想通りだわ」と思った人もいたかもしれない(実際私がそうだった)。しかしこれは、ここをゼロ起点とすることで、その後のルックへの衝撃を増幅させる仕掛けにすぎなかった。

6人のモデルが舞台袖にはけた後、登場したのはなんと——!?

ブリティッシュ・ロック調!?
赤いタータンチェックやデニム素材でできたふんどしは、ニットセーターやカジュアルなTシャツ、コンバースやサングラスとコーディネートされている。生意気で反抗的なルックは、最高にロックなファッションとして確立している。オーディエンスはモデルが登場するたびに、前のめってランウェイに見入る。

ふんどしの固定概念を、完全に壊しにきている、この人たち。それは戦い以外の何ものでもない。あの冒頭の気迫に、今さら納得してみたりする。

息をつく間もなく、次のテーマへ。

ゴージャスでセクシーな、セレブリティ・ルックが登場! トップスとセットでデザインされたふんどしは、正直、ふんどしだと言われないと気づかないレベル。

あ、今「じゃあふんどしじゃなくていいじゃん」って思いました? ふんどし部は何も、ふんどしでどんちゃん騒ぎしたい団体ではない。ふんどしそのもののメリット(通気性がよく、通常のパンツのように肌を締めつけないため、健康によいのだそうです。ふんどし部情報!)が前提にあって、だからこそ、この素晴らしきふんどし文化を広めたい、と奮闘しているのだ。

セクシーなルックのあとには、こんなトラッドなルックも登場。

ふんどしファッションショーへの期待値は、登場したルックの数に比例して、どんどん上がっていく。

お次は、レーシーな素材をまとったドレス風のルックが登場。

長いレースの裾をたなびかせ、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルさながらのウォーキングでオーディエンスを魅了するモデルたち。ふんどし単体で見ると、腰骨のあたりでリボン結びされたひもや、愛らしいレースの素材がすごくかわいい。

私たちの「こんなものだろう」という思い込みに、どんどん切り込んでくるふんどし部。そういえば星野さん、前会ったときに「2020年までにパンツを駆逐する」って豪語してたもんな。

全体的にドーリーでロマンチックなイメージのルックが終わり、次のテーマへ。会場のBGMがスペーシーなものに変わった瞬間、現れたのは……!?

なんだこのサイバーなルック!!!!

このふんどし界のアレキサンダー・マックイーンともいうべきチャレンジ精神と独創性。こういうぶっ飛んだところがあると、ファッションショーっておもしろい。だって、ショーだし。オーディエンスをエンターテインする、ということがわかっているからこの構成にしたのだろう。

なんだか、少しずつふんどし部のことがわかってきた。

もちろん、真面目であることも、勤勉であることも重要だ。でも、誰にも知られなければ、どんなに素晴らしい活動も、結局芽が出ず終わってしまう。ふんどし部は、本当にふんどしを愛し、広めたいからこそ、エンターテインメント的要素を自ら押し出し、一見くだらないこと、シュールなことも意図的にやってみせているのである。100BANCHで彼らが異色だったのは、そんな戦略をすでに考えていたからだろう。

でも、表向きをおもしろおかしく仕上げている分、それを単なるバカ騒ぎで終わらせないためには相当な努力が必要なんだろう。だから彼らは、本当は人一倍真面目なのだと思う。100BANCHのオープニングパーティーで引いてしまってごめんなさい。今は大好きです。

そんなこんなで、全30ルックがすべてが登場し終わった。
最後はモデルが全員出てきて、もう一度ふんどしルックを披露。

そして、星野さんと野田さんが現れる。

このプロジェクトを牽引してきたリーダー、星野さんが挨拶を述べる。

「この世には、まだかっこいいと思えるふんどしがないんですよ。だから、世界に出していける、かっこいいふんどしを作りたい。そしてパンツを駆逐したいんです」

星野さんは、写真だとふんどしのせいか(おかげか?)肉食系に見えるのだが、喋り方も物腰も、とても柔らかい人だ。そんな星野さんのその言葉はなぜかとても切実で、それは会場全体のオーディエンスに伝わったのか、みんな聞き入っていた。

そして、「パンツを駆逐する」という、もはやパワーワードともいえる言葉が、私にはそのとき少し違う意味に聞こえた。だって、冷静に考えて、2020年に全世界からパンツが消えるわけはないのだ。じゃあ、彼らは何を伝えようとしたのか。

彼らが駆逐したいのは、パンツではなく、「パンツを駆逐するなんてできっこない」という固定概念なのではないか。それは、ある人には「こんな夢叶えられっこない」という思い込みであり、ある人には「こんなタスク達成できっこない」という諦めなのかもしれない。そうして自らリミットをかけてしまうことで、私たちはきっと「100年後の豊かさ」を、知らず知らずのうちに失ってしまうのだ。

彼らにとってふんどしとは、あらゆる固定概念への挑戦状であり、そして、精神的な豊かさの象徴なのではないか。私はふんどしファッションショーを観て、そんなことを考えて、そしてちょっと感動した。

もしあなたがマジョリティの力に負けそうになって、大切なものを失いそうになったときは、ぜひ思い出してみてほしい。このふんどし姿の男たちの勇姿を。そして、こっそりと自室でふんどしをはいてみるといいかもしれない(持っていない人はこちらで買えますのでぜひ)。鏡に映った自分の姿に、勇気づけられる……かも?

Licensed material used with permission by 株式会社ふんどし部
20代の頃に3ヶ月だけオーストラリア人と付き合ったことがあるんだけど、「ふんどしふんどし」うるさかったことをよく覚えてる。たしか、お祭りのドキュメンタリー...
異国文化の窓口として400年以上の歴史をもつ長崎から、日本伝統の「ふんどし」の魅力を発信するお店『TeRAYA』にお邪魔しました。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
全国高等学校総合体育大会において、毎年ユニークなパフォーマンスで注目を集めるのが「鹿児島実業高校新体操部(鹿実新体操部)」です。真剣に“面白さ”を追求した...
信じられない対決の様子を撮影した動画がある。それは、まるでお伽話にでも出てきそうな大鎌とエンジンで動く草刈機の草刈り対決!手で草を刈るより、草刈り機の方が...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
地方の自然、環境、風土などの条件下で育まれてきた、知恵の集積である「郷土料理」。地方の過疎化に伴い、代々受け継がれてきた味は全国各地で消えつつある。そんな...
約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」。〈パナソニック〉と〈JR東日本〉が共同開発したチタン製モデルで、約7kgと超軽量です。簡単に折りたた...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたウェブサイトの紹介です。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
誰が見ても「かっこいい」と感じる女性は、どんなときにもそのスタイルを崩すことはありません。一般的に「かっこいい女」と評される女性に共通する11の特徴を分析...
今月も、たくさんのメッセージをありがとうございました!恋の悩みは、尽きないものですよね…(笑)。
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
まるで、奇抜なファッションショーを見ているような気分。緑あふれる自然の中を、全身をカラフルに輝かせながらポーズをとる女性たちの異様な姿。人目をひくこの写真...