後ろを走るドライバーと「絵文字」でコミュニケーション

車の合流で道を譲ってもらった。後続車や歩行者に危険を知らせたい。そんなタイミングはたびたびあります。

でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサインだけでは、見えなかったり、意思の疎通を図るのが難しいことも。

そんな状況を改善するために生まれたのが「CarWinks」。絵文字で相手に感情を伝えるデバイスです。

リアガラスに取り付けて
メッセージアイコンを表示

CarWinkはスマホアプリと連動させて使用します。とはいえ、ドライバーの声に反応して適切な絵文字を選んでくれる音声入力機能があるので、手で操作する必要はありません。(それでももちろん注意は必要です)

必要な面積はリアガラスの7%~12%程度。後方確認の妨げにならない場所を選ぶ必要はありそうです。

充電はUSBでもできますが、日中は内蔵のソーラーパネルで充電が可能。

絵文字の種類も豊富です。感謝の気持ちを表すものはもちろん、車に赤ちゃんが乗っていることや、前方で事故が起きたことを伝えるものもあります。

現在は英語のみに対応しているとのこと。日本語に対応し、国内上陸を果たせば、ドライバー同士のコミュニケーションがもっと円滑になるかもしれません。

Licensed material used with permission by Innovart Design Inc.
間もなくアップデートされるiPhoneの絵文字。その中の「ベーグルの絵文字」をめぐって、Apple社と、あるチーズ会社の間で “一悶着” あったのはみなさ...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
2月12日、Android上の「Gboard」で絵文字のマッシュアップできる「Emoji Kitchen」がローンチされた。絵文字の要素と要素を自由に組み...
3月1日から、オーストラリアのクイーンズランド州で自動車のナンバープレートに「絵文字」を使用することができるようになります。使用可能な絵文字は全5種類。す...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
「Emoji Weather Japan」は、絵文字を使って、毎日天気予報を更新しているTwitterアカウント。1日4回、「朝」「午後」「晩」「夜」でツ...
10月下旬、米「Apple」は「iOS13.2」のリリースを発表。今回、新たに398種類の「絵文字」が追加され、女性の月経を表す「一滴の血」が話題となっている。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
2020年内に新しく追加される117個の絵文字セット「Emoji 13.0」が絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」によって公開。
7月にアップデートされ9月に施行されたFacebookの「コミュニティ規定」について、今、多くの海外メディアが取り上げている。Facebook上で特定の絵...
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...