後ろを走るドライバーと「絵文字」でコミュニケーション

車の合流で道を譲ってもらった。後続車や歩行者に危険を知らせたい。そんなタイミングはたびたびあります。

でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサインだけでは、見えなかったり、意思の疎通を図るのが難しいことも。

そんな状況を改善するために生まれたのが「CarWinks」。絵文字で相手に感情を伝えるデバイスです。

リアガラスに取り付けて
メッセージアイコンを表示

Ada0cd6e306d648700eea4f07e8825295f4cfd0c

CarWinkはスマホアプリと連動させて使用します。とはいえ、ドライバーの声に反応して適切な絵文字を選んでくれる音声入力機能があるので、手で操作する必要はありません。(それでももちろん注意は必要です)

6dc5642357b8c314f8e692ca3fb20c56ee5e1058

必要な面積はリアガラスの7%~12%程度。後方確認の妨げにならない場所を選ぶ必要はありそうです。

充電はUSBでもできますが、日中は内蔵のソーラーパネルで充電が可能。

4d2a7cee380e9bc7f615a4adc4b3f56063619be5

絵文字の種類も豊富です。感謝の気持ちを表すものはもちろん、車に赤ちゃんが乗っていることや、前方で事故が起きたことを伝えるものもあります。

5bed65dcc9e7a94d46deee36866cb6a574605c83B20e93a2881ea1087a39e13b78f14931cd7801e01a4e8f906617eee069c10f93fd1c052935fdccc612d8619f5c461b756627c42e25ad83760684c45cF708e0bbf263a33794e7960c04d71e0087643414642e3e1524ac68472bf8386dc3b019e05fdcecfc

現在は英語のみに対応しているとのこと。日本語に対応し、国内上陸を果たせば、ドライバー同士のコミュニケーションがもっと円滑になるかもしれません。

Licensed material used with permission by Innovart Design Inc.
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
「#WorldEmojiDay(世界絵文字デー) 」の7月17日、それぞれの国がどの絵文字を一番使っているのか、Twitterより発表されました。けっこう...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
「Inc Magazine」でコラムを連載し、「Quora」のトップライターとしても活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
駐車ラインを一切無視した迷惑駐車が、2台分のスペースを占領していて停められない…。なんて困ったことはありませんか?たとえば、こんな感じに。駐車ラインをはみ...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...