試しに無料で「移住」してみる。手っ取り早く、人生を変えるサービスがこれ。

 

「旅に出ること」が、カッコイイとされる時代って終わったように感じます。

肌感でいうと、私が大学3年生、2015年あたりには、<旅する学生がイケている>と言われる、ギリギリの時代が来ていました。

旅をしながら仕事をする、フリーランス、学生起業、自由に生きること。

こういったものが意識高い系とカテゴライズされたり、時には感度が低いと言われたりするようになったり。

いつでも時代の<ブーム>があるわけですから、まったく同じことをしていても、過去と今では向けられる眼差しや、呼ばれ方が変わってきます。

「旅すること」を職業にするのであれば、もちろん時代に合わせたブランディングをしていかなければならないけれど、いち旅人には、そんなことまったく関係ない。

 

今も昔も、私は旅に出ることを、最高だと思っています。

命短し、旅せよ乙女。です。

お金がなくても
飛び出したら変わっていく

海外に行きたいけどお金がないって、多くの人が直面する問題だと思います。

どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金がないときにオススメしたいのが【work away】。

旅好きなら知っている人も多いと思いますが、農業や、自営業で生計を立てている人のお家に、ホームステイさせてもらうシステムです。(Wwoofというサービスもあります。)

カウチサーフィンは、泊まる人が決められた奉仕を求められることのないサービスですが、work awayは違います。衣食住を完備してもらう代わりに、1日に決められた時間を働いて恩返しするのです。

お金のやり取りは、基本ありません(私がホストに払った経験はないです)。

私は1年間のバックパッカー生活の中で、7割くらいこのサービスを利用して、旅費をかけずに生活していました。りんごとじゃがいもしか食べられないような極貧旅をしていたので、このサービスを紹介してもらった時には、本当に人生って始めたらどうにかなるもんだな、と思ったものです。

世界の遠いどこか
<誰かの暮らし>に潜入する

お金がない、観光地に興味がない、一人が寂しい

という私にとって、これほどベストなサービスはありませんでした。170ヶ国以上にホストがいるので、だいたいどこの国でも住む場所は見つけられます。

海沿いがいいか、山奥がいいか、都心がいいか、住んでみたい場所を選ぶこともできるほど。ファームステイと呼ばれてはいるものの、農家以外にも、自営業のホテル、レストラン、住み込みの語学教師など、体験できる職種は本当に様々。

もし、将来移住してみたい国や街があるのなら、疑似体験に使ってみるのもいいと思います。

work awayで出会った街に惚れ込み、本当に移住に踏み切る旅人も多数。ホストと仲良くなっていれば、移住の準備期間、毎日は働けないから1ヶ月にいくらかホストに支払い、協力してもらいながら進めることも出来ると思います。

普通に日本で暮らしていたら、絶対に出会うことのない人たちの日常を体験できるというのは、今までの固定概念が、毎日ポロポロとこぼれて、新しく更新されていく感覚。無料でこういった時間を過ごすことができるのは、とっても貴重だと思います。

気をつけてほしいこと

もちろん、無償のやり取りであるが故に、難しい問題もあります。例えば、ホストのお家がすっごく汚かったり、ご飯がろくに準備されなかったり、洗濯機を使わせてもらえなかったり。

お互いの思いやりと、信じる心で成り立つ生活なので、どちらかがその気持ちを欠いてしまった時、ものすごくストレスに感じてしまうでしょう。

ホストに問題がないかは、事前にレビューで確認することができます。心配な場合は、経験が浅かったり、星の数が少ないホストは選ばないようにしてみてください。

幸か不幸か、日本人はとっても真面目に働きますし、何時間も働くことが当たり前の生活をしているので、労働自体が悲鳴をあげるほど過酷、というケースは少ないと思います。私が体験した限りでは、だいたい1日5時間程度の労働を求めるホストが多いです。

ちなみに、日本にもたくさんホストがいるので、休暇を使って地方へ移住体験することもできますよ。

観光地よりも、現地の暮らしに興味がある人、将来移住を考えている人は、ぜひ利用してみてください。

公式HPはこちらから!

Photo by YUKI HOSHI

関連する記事

旅には、人生が凝縮されています。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
美術館をバーチャル散歩できる「Google Art&Culture」や新国立劇場の記録映像、無料の韓国語学習ツールなど自宅でできる無料のオンラインサービス...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
「Elite Daily」のCaitlin Drownさんが今回綴るのは、住む場所を変えることによるメリット。でもこれって、人生を変えたいと思う時に、もっ...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
今日から、カンタンにできることばかりです。
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
一生に一度はやっておきたいこと、やってみたいことってありますよね。そんな中でもランクインしやすい「キャンピングカーで大陸横断」、「バンライフ」、「ひとり旅...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「本のようにオンラインで自分の旅を売買できる」デジタルプラットフォームサービス「TRIP BOOK」が、2021年3月1日よりスタート。大手旅行会社の業務...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...